月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > インプラント > アジアのインプラント事情!

深江歯科クリニックBLOG

< 子供の虫歯と学力!  |  一覧へ戻る  |  歯周病治療は、生活改善から! >

アジアのインプラント事情!

昭和の時代から、インプラントをやり続けていますが・・・
始まったばかりの頃は、勉強する場がなく・・大学でもインプラントはやっておらず・・
嘘のような話ですが・・インプラント分野は、開業医が大学より10年先を行ってました。

当時は、日本でインプラントを教えられるような先生が、殆ど見当たらずsweat02・・
僕が知ってる限り、小宮山弥太郎先生がスウェーデンで勉強して戻ってきていて・・
日本では、この先生だけが唯一無二のような存在でした。

教えられる先生が居ないまま、数種類のインプラントが全国で販売され始め・・・
全国の先生達は、
販売業者のマニュアルだけをもとに手術するようになり・・・
怖い話ですが、すべてが手探り状態でしたcoldsweats02

学会で世界中の先生に会いますが、今はインドが丁度同じような状況だそうです。
人口が日本の10倍なのに、歯科医は日本とほぼ同数で・・大忙しと思いきや・・・
保険制度が無いため、歯科治療は高額所得者だけが受診するそうです。

歯科治療全体が高額で・・インプラント治療も始まったばかりらしく・・・
昔の日本のように、業者のマニュアルを頼りにオペをやってる先生が多いそうです。

一方、一足先に途上国から抜け出した中国は・・?!
先週、中国で大きな歯科医院を経営してる先生が福岡にairplane数人で遊びにきました。

日本で最新の機械や技術を、仕入れるのが目的ですが・・・
(中国では検閲が厳しく、新しい器械の導入が日本より約2年遅れます。)
中国人は、とにかく新しい物が大好きで、目新しい器械shineを欲しがります。

今の中国歯科界は、日本とインドの丁度中間的な現状で・・・
これから政府による保険制度が、導入されるのではないかcoldsweats02?!と心配していました。

今、彼らは最新の病院で、中国の富裕層だけを相手に診療していますが・・・
(高いので一般庶民は、行きません。)
「政府の保険が導入されれば、全員を受け入れることに・・」と悩んでました。

一般的に中国では、50年も前の錆びた器械を使ってる不衛生な医院がいっぱいあり・・
もし国民皆保険となれば、このような医院と同額で診療する事になります。
そんな事を、彼らが受け入れるはずがありませんsign01

もしそうなれば、中国人らしく裏の抜け道を作るでしょうcoldsweats01
毛沢東時代から中国人が良く使う言葉で・・「上に政策あれば、下に対策あり」です。

そう考えると、日本の保険制度は凄い!・・きちんと定着していますconfident


             <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

カテゴリ:

< 子供の虫歯と学力!  |  一覧へ戻る  |  歯周病治療は、生活改善から! >

同じカテゴリの記事

若い人程、インプラントがお勧めです!

仲良くしてる某市の歯科医師会長から・・突然の電話telephoneがあり・・
何事があったのか?!と思いきや・・治療の依頼でした。
奥様にインプラント治療をして欲しいということで・・・

いつもお世話になってる身ですから、断れる道理はありません。
診察する事になり・・・!

この時、先生からインプラントの適時年齢について質問があったのですが・・・
インプラントは、何歳になっても大丈夫shineで・・・
実際、当院では80歳以上のインプラント治療が多いんです。

今のインプラントは、年をとっても骨としっかりくっ付くので、心配ありません。
手術も簡単なので短時間で終わり・・高齢者でもとても負担が少ないんです。
2本までなら、15~20分で終わります。
術後も抜歯より負担が少なく、痛みや腫れも、殆どありませんsign01

歯科医は抜けた部分をどう治療するか、必ず患者様と話し合うのですが・・・
選択肢として挙げられるのは、3通りで・・インプラント、ブリッジ、入れ歯です。

若い人ほどブリッジを選ぶ確率が高いのですが・・・
将来を考えると若い人ほど、インプラントにすべきだと思っていますconfident

ブリッジにすると、何ともない歯を削らないといけません!
削れば、当然その歯はdown弱くなり・・保険で銀歯を被せると余計に悪くなりやすい。
若い時に入れたブリッジは、中年になってやり替えてる事が多いのですが・・・
悪くなりすぎて、やり替えが利かない場合がよくあります。


それだけブリッジでは、残ってる歯に大きな負担annoyが掛かってしまい・・・
これがインプラントだったら、隣の歯を削ることもなく歯は悪くなりません。

それに機能面でも、自分の歯と同様に使えるわけですから・・・
先が長い若者ほど、インプラントがお勧めです。
今のインプラントは手術さえ上手ければ、何十年でも使えます。

確かにインプラントは高価ですが、若者が自分の寿命まで60年使えるとしたら・・・
隣の歯を削らなかったお陰で、隣在歯が80歳までもったとしたら・・・

たった1本の歯ですが、皆さんが思ってるより大きく健康寿命を左右します。

注): 若者といっても、まだ成長期の人には、インプラントはできません。
    だいたい20歳以上の人が適応です。









               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

先端技術で失敗しないインプラント!

本日最後の患者様は・・骨が無い患者様への、インプラントオペ!
ついこの前までは、大変な手間が掛かりましたcoldsweats02

一度、自分の骨や人工骨を移植・・十分な骨を作って・・・
半年から1年後、改めてインプラントのオペをする必要がありました。
2度のオペは、患者様には大変な負担ですsweat02

でも今は、短くてもしっかり機能するインプラントがあるので・・・
無理をして骨を作る必要はありません。
勿論、ショートでも入らない人がいますから・・その時は作ります。

30年前には、世界中でブローネマルクというインプラントが主流でした。
日本でもブローネマルク以外はインプラントにあらず!のような風潮があって・・・
誰もが他と違う、システマティックな部分に魅了され使いました。

僕も3度もスウェーデンへairplane行って、術式やノウハウを学びました。
当時、出来るだけ長いインプラントの選択が勧められ・・・
歯科医の間では、常識になっていましたthink

それは、インプラント表面の構造的が単純だったため・・・
短いものでは、長期間の使用に耐えられないのではcoldsweats02?という懸念があったからです。

そのため1ミリでも長いインプラントを入れようと・・無理をする先生が多く・・・
勉強もせず無茶なオペをして、事故が多発したのも、この頃ですthink

その上、インプラント埋入はバイコーティカルにすべし!という間違った教えが・・
(インプラントの2か所を、皮質骨という固い部分で支えるという考え。)
無理をさせ事故を増やし、死亡事故まで発生し・・新聞紙上を賑わした事もありました。

その影響で、今でもインプラントに拒否反応を示す人が大勢いますweep

しかし現在は、短くてもしっかり機能するインプラントがあって・・・
その上、CTやシュミレーションソフト・・オペ前に確かな情報がたくさん有る!
考えてみれば、つい15年前まで情報といえばレントゲンだけsweat01
後は、経験に頼ってましたwobbly

最近では、3D プリンターでその人のリアルな顎模型まで作れるようになり・・
手術前に練習まで出来るんですhappy01

骨の形を始め、神経、血管の走行、骨密度などしっかり頭に入れflair・・・
インプラントの径、長さを決め、想定した場所に想定したものを入れる!!
不謹慎な言い方ですが、本当に楽です・・失敗のしようがない!

とは言っても、それなりの技術と知識は必須ですconfident!できれば経験も!!


                 <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

抜歯より痛くないインプラント!

怖がりで怖がりで、大決心の末にインプラントを決めた患者様のオペが・・・
たった今終わり・・「もう終わったの?!」と、照れ笑いをしながらcoldsweats01帰っていきました。

オペ前に、「怖い!どうしようdespair!」と1か月間、大騒ぎだったんですが・・・
上に2本入れただけなので、15分ほどの手術で終わり・・・
騒ぎすぎた自分が・・・ちょっと恥ずかしかったsweat02ようです!!

終わった時には、「エッ!こんなに楽!? 痛くないんだcoldsweats01!」と何回も言いながら・・・
どの患者様も、オペ前の妄想typhoonは大変なもので・・・頭の中で膨れ上がっていますsign01


インプラントに限らず、親知らずの抜歯でも同様で・・・
友人に脅かされ、色々と調べに調べ、妄想が最大に膨らんだ状態wobblysweat01で来院するんですから・・
それはそれは怖いshockはずです。

現代社会はあまりに情報が多すぎて、患者様が情報に振り回され・・・
必要以上に、治療を怖がる患者様が増えています!
皆さん心配しなくても、今の治療は殆ど痛くありませんconfident

日本でインプラントが普及し始めたのは、35年位前で・・・
日本製としては唯一、京セラがインプラントを販売してました。

京セラのインプラントは独特で、材質は人工サファイヤsign01でしたが・・
この材料は、人体には無害shineだったんですが・・残念ながら、骨とは結合しませんdownでした。
しっかり結合しないので、噛む力には耐えられず・・インプラントとしては失格sign03

その後のインプラントは、ほとんどがチタンや酸化チタンで出来ていて・・・
骨と親和性が強く、木の根がはるようにdashガッチリくっつきます。
一度くっつくと、歯と違って抜こうとしても、無理!・・抜歯が得意の僕でも大変sweat01です!!

それだけ丈夫なインプラントでも、歯磨きが悪いと歯周病になる事があり・・
20~30年後には抜くことになります。
ただインプラントが虫歯になることはありませんconfident!!

現在のインプラントは、20年前に比べると本当に丈夫です。
きちんと歯磨きをして、時々メンテナンスをしていれば・・・
生きてる間は、間違いなく使えますhappy01




                 <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

高齢者のインプラントオペ!

今年92歳になる男性の患者様が、抜歯後の相談で来院しました。
僕は年齢を考えて、当たり前のように・・部分入れ歯を提案flairしたのですが・・
入れ歯は嫌!という事で・・・
3本抜歯の代わりに2本のインプラントを入れて、ブリッジにする事になりました。

高齢者のインプラントは珍しくないのですが・・・
この男性はオペ当日、とても緊張してる様子だったので・・
安定剤を成人の半分だけ投与しましたsign01

通常インプラントを2本入れるだけなら、15分もあれば終わりますから・・
よほどの緊張症の人以外に、安定剤を使用する必要はないのですが・・

この患者様は、前にも何回かインプラントオペを経験してて・・・
そのため、余計に緊張despairしたみたいです。

人間は、嬉しい事も悲しい事も、経験すればするほどdownwardright慣れてきますが・・
恐怖体験だけは、回数を重ねるごとにupwardright恐怖感が増しますsweat01

手術は、いつも通り15分程で終わったのですが・・
おそらく、前日にあまり眠れなかったようで・・・
オペ中にいびきをかいてsleepy眠ってしまいました。

声かけをしながら、開口器を併用してのオペでしたが・・・
高齢者ですから、長時間のオペは避けないと・・素早くdash優しいオペがベスト!

ちょっと前なら、インプラント器具は開発途上で、よい器械も少なく・・・
ものすごく時間が掛かりましたsign01

2本入れるのに、たっぷり1時間は掛かってましたから・・・
時には途中で麻酔が切れて、患者様の血圧がup異常に上がるような事もありましたcoldsweats02

その頃は鎮静剤を使用したり、麻酔を追加しながらのオペでしたが・・・
一般的に、高齢者や持病持ちの人などのオペはng避ける傾向がありました。
今は本当に、スムーズなshineオペが出来るようになりました。

速いばかりが良い手術ではありませんが・・・
昔からの癖みたいなもので、今でも短時間のオペを目指してしまいます。

それにしても、医療技術の進歩とは有り難いnotesものです。
術者もに患者様にも、本当に優しいインプラントオペができる時代になりましたconfident




                 <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

歯科界で最もノーベル賞に近かった男!

先週、京都大学の本庶佑先生が、ノーベル医学生理学賞を受賞shineしましたが・・・
医学界では日本人5人目の快挙ですが・・・
悲しい事に歯科医の受賞は、日本に限らず、今まで世界中に1人もいませんsweat02

でも昔から、受賞するならこの人だろう!と言われてる人物がスウェーデンにいました。
残念ながら、4年前85歳で他界しましたが・・その人の名は、ブローネマルク教授sign01

彼は、科学的な裏付けがあるインプラントを始めて臨床応用した人です。
約60年前、チタンが拒否反応なしに骨と結合する事実を発見flairし・・・
50年前に、それを先天性歯牙欠損症の青年にオペしました。
この青年は、亡くなるまでこのインプラントを使ったそうです。

我々が、インプラントを治療に使えるのは、この教授のお陰でconfident・・・
彼が、ノーベル賞を取るのは歯科界の悲願でしたが・・残念ながら実現しませんでしたweep
生前には、「ちょっと変わり者だから無理だよ!」と陰口をたたく人もいましたが・・・!

僕は、30年前、この教授が開発したブローネマルクシステムを学ぶため・・・
スウェーデンのイェテボリやマルメにairplane3度行きました。
当時は、このシステムがインプラントの最高峰で、熟知した先生はスウェーデンに多かったんです。

今では、その勢力図はアメリカやドイツ、スイスなどに、すっかり変わってしまい・・・
もちろん日本製もあるんですが、日本車と違いお勧めできる製品はありません。
最近では、中国製や韓国製も出てきて使ってる先生もいますが・・・
正直、僕はまだまだ怖くて使えませんcoldsweats02

それでも今は、僕がインプラントを始めた35年前とは違い、格段の進歩notesで・・
骨との結合が遥かに良くなり、審美的にも歯と区別がつかないほど綺麗な治療ができます。
分かりやすく比較すると・・50年前の日本車と今のハイブリット車ぐらい違いますsign01

インプラントを成功させるための、機械や道具もたくさん出来ていて・・・
手術をするのに、昔はオペを始めてみないと分からなかった骨の状態も・・・
CT を撮ってオペのシュミレーションまで出来るんですから・・楽になりましたhappy01

それだけ昔に比べて失敗しなくなったshine!はずなのですが・・・
残念ながら、昔より失敗のニュースを、よく耳にするようになっています。
ただこれは、決してインプラントの製品的な問題ではありません。

あくまで治療する側の経験、勉強不足downが原因です。
インプラントをする先生は、しっかり勉強、訓練した後にメスを握る責任がありますねthink


                 <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント
歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

このページのトップへ