HOME > 歯周病

歯周病

歯周病とは

この病気は、日本人の80%が罹患していると言われますが、ほとんどの人が気付いていません。
そして、おかしいと思って来院した時には、50%の人が手遅れという状態です。
この病気には、初期の段階から、色々な分かり易い症状があります。(あなたの症状を、下記でチェックしてください。)
その症状を見逃さずに、直ぐに歯科医院を受診して、初期の段階で処置すれば、そんなに怖い病気ではありません。

もちろん手遅れになったら、ほとんどの歯が全滅して抜くことになりますから、虫歯などに比べたらとても深刻な病気ではあります。

また近年、解ってきた事ですが、中期以降になると、口腔内で繁殖する細菌が出す毒素や、その毒素に反応して体が出す浸出液(膿)が、自分でも気付かないうちに口の中だけではなく、心臓、肝臓、胃など全身にも多大な影響を与え、病気を引き起こします。

アメリカの大学の研究で、糖尿、癌、心内膜炎などとの関係が、明らかになりました。
重症になると、怖い病気ですが、検診などで見つけて、軽症のうちに治療すれば、決してそんなに怖い病気ではありません。
歯科医院での、定期的なチェックをお勧めします。


歯周病チェック表

  • 1. 硬い歯ブラシを使うと、出血する。
  • 2. 歯ブラシをすると、痛い。
  • 3. 口の中がネバネバする。
  • 4. 口臭がする。
  • 5. 少し硬い物を食べるのは、抵抗がある。(そういえば無意識に、軟らかい物を食べている。)
  • 6. 食べた後、口の中が重苦しい。
  • 7. 熱いもの、冷たいものが、口の中全体にしみる。
  • 8. 歯がグラグラする。

1~2 : 初期にある症状 / 1~4 : 中期の症状 / 1~6 : 中期から末期の症状 / 1~8 : 末期の症状


このページのトップへ