月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > 山下先生ブログ > (山下ブログ)歯の痛みに感じる副鼻腔炎

深江歯科クリニックBLOG

< 患者様に我慢させてる歯科医療!  |  一覧へ戻る  |  抜歯後感染を防ぐためのテルプラグ! >

(山下ブログ)歯の痛みに感じる副鼻腔炎

先日、子供に風邪をうつされてしまいました。
症状が悪化するのは決まって週末・・・平日は気を張っているからでしょうか。
そのせいで先々週は佐賀でのセミナーをキャンセルする羽目に・・・

さて僕の風邪は寝たら治ったのでどうでもいいのですが、風邪をひいたとき、歯が痛くなることがあります
なぜかというと上顎洞という空洞(副鼻腔)が関係しています。
人の骨の中にはいくつかの空洞がありますが、そのうちの一つが頬のあたりにある上顎洞です。
蓄膿症という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、風邪をこじらせてしまった時などに
その上顎洞に炎症がおきて膿がたまってしまうことがあります。
その時鈍い痛みを伴うのですが、上の奥歯は根の先が上顎洞に近いことが多いため
歯の痛みとして感じてしまうことがあるのです。
実際僕も今回歯の痛みを感じてああ上顎洞炎だなあと思いました。
しかし悪化すると結構痛いので、「虫歯?!」と感じて来院される方もいます。
特徴的なのが歩いた時などの振動によって痛みがでることです。

ただし一概に風邪だから歯の痛みではないというわけではなく、
免疫力が低下したことで根の先や歯茎の感染により痛みが出ている場合もあり得るので注意が必要です。

また、逆に根の先に膿がたまる事で上顎洞炎が起きることもあります。
(「歯性上顎洞炎」といいます)
前述のように歯の根の先と上顎洞が近いことから歯からの感染が上顎洞に及ぶとこの状態になります。
その場合歯を治療しないと上顎洞炎は治りません。

これらは判断が難しいこともありますが、まずはレントゲンを撮ったり検査したりすることが必要です。

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!




カテゴリ:

< 患者様に我慢させてる歯科医療!  |  一覧へ戻る  |  抜歯後感染を防ぐためのテルプラグ! >

同じカテゴリの記事

(山下ブログ)レーザー治療

当院には2つのレーザー照射機があります。

1つは半導体レーザー、もう1つはEr:YAGレーザーです。



半導体レーザーは主に軟組織の処置に用いています。
通常盛り上がりすぎた歯茎を除去する場合電気メスを使うことが多いのですが、
電気メスでは多くの熱が発生するため、切除する部位以外にもダメージがあり、結果治癒に時間がかかることがあります。
レーザーの場合は熱の発生が電気メスより少ないため治癒が早く術後の痛みが少ないのが特徴です。
また、電気メスと同様出血を抑えることもできます。
当院では電気メスは用いず、必要なケースでは必ずレーザーを使用しています。




Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーは水を出しながら使うレーザーです。
そのため熱の発生がほとんどなく、周囲にダメージはありません。
虫歯を削るときにも応用でき、痛みが出にくいのが特徴です。(効率はよくないので小さい虫歯に限ります)
他にも歯周病の治療などにも応用できます。
歯科では口内炎の処置に用いることも多いです。
治癒を促進し、表面に一層レーザーを反応させた膜をつくることで痛みを軽減できます。


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



(山下ブログ)歯石取り

歯医者さんに行ったら歯石取りを勧められるけどめんどくさい・・なんて人も多いかと思います。

今回は歯科ではなぜ歯石取りを勧められるのか、なぜ必要なのかについて説明していきます。


人の口の中には常に歯周病菌や虫歯菌などの細菌がいます。
磨き残しが長時間あると、その磨き残しの中で細菌が増殖して歯垢(プラーク)となります。
多くの場合、歯と歯茎の境目や、歯と歯の間にプラークがたまります。
鏡を見てそのような場所をこすってみて、白い柔らかいものが取れればそれがプラークです。

上に書いたようにプラーク内には細菌が多量に存在しています。
例えばその白い塊を顕微鏡で見るとうごめく細菌が見えます。

そのプラークが唾液の働きによって固まったものが歯石です。



下の前歯の裏側の写真です。
歯と歯茎の間に多く見られる黄色っぽいものが歯石です。

プラークは歯磨きやフロスによってとることができます。
(ただ完璧にとるのは至難の業なので我々が状況を見て指導が必要になります。)

しかし、固まってしまった歯石は自分では取れません。
よって歯医者で機械や器具を使った歯石取りが必要になるのです。



歯石除去直後です。黄色い歯石がなくなっているのがわかります。
歯石をとった後に見える歯茎が赤くなっています。
これがよく聞くと思いますが炎症をおこしている状態です。
この歯茎の炎症(歯肉炎)が続くと歯を支えている骨が溶け出し歯周炎になっていきます。

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!




(山下ブログ)矯正の勉強会を行いました

月曜の夜、2度目の矯正勉強会を行いました。
写真を撮ってくる予定が忘れました・・

矯正歯科と密に連携してる先生の症例を見せていただき、とても刺激になりました。

本当に理想的に行うなら、矯正治療も含めた治療が一番いいことが多々あります
しかしどうしてもある程度期間や費用がかかります。
ただ、歯科矯正というのは本当に専門的な分野で、
そのようなケースではどんな治療法で行うことが多いのか、どれくらいかかるのかなど
一般歯科医は詳細についてはわからないことが多いです。
そこで矯正なしでできるだけの治療を行う場合が多くなります。

もっと歯科矯正について学んでいけば、理想的な治療のオプションのひとつとして
期間も含めて患者様に提示しやすくなるはずですので、今後も深江歯科、おおはし歯科では勉強会を続けていく予定です。

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!






(山下ブログ)歯の移植って知ってますか?

ニュースで臓器移植が話題になることがあります。
先日まで放送されていたコードブルーというドラマでも一つの話題として移植がありました。

実は歯科でも移植ができます。しかも保険適応で!

ただし臓器移植のように他の人の歯を移植するわけではなくて、ダメになった歯を抜いて
他の部分の歯を移植する
という方法です。

例えば虫歯がひどくて補綴(被せたり覆ったり)ができない、折れてしまっているなどの理由で
どうしても抜かなければいけない歯の部分に親知らずを移植するということが多いです。

メリットとしては抜いた後に何かしらで補う必要があるわけですが、その時にブリッジのように
周りの歯を削ってしまう必要がないこと、親知らずというどちらにせよ後に抜かなければいけない歯を
有効活用できることがあげられます。

デメリットは成功率が100%ではないこと、適応でない場合があることです

例えばせっかく移植してもくっついてくれないこともあります。
その場合はもう一度抜歯して他の手段を考えなければいけません。
結果的に治療回数も延びてしまうことになります。

また、親知らずの形や大きさも重要で、大きすぎたり根っこが何本もあって開いたりしていると
適応になりません。

何年かした後に根っこが溶けてきてしまうこともあります。

ただし、成功してしっかり歯磨きをすれば、自分の歯として末永く使うこともできます。

上記のことを了承できる方には一つの有力なオプションになる治療法ですが、
そうでない方にはブリッジなど他の確実性の高い治療法をおすすめします。


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!


(山下ブログ)久しぶりに正中離開の症例

先日、正中離開(前歯のすきっぱ)を気にされている方が相談に来られました。
聞いてみると矯正や大きく削ってかぶせ物にはしたくないとのこと・・・。

そんな時有効なのがダイレクトボンディングです。
このブログでも散々取りあげていますが、ほぼ削らずプラスチックを盛り足すことで隙間を閉じてしまおうという治療法です。

ただし、前歯の真ん中が開いている原因についても考えなければいけません
例えば原因が舌で前歯を押す癖であったり、口呼吸であったりすることがあります。
そんな場合、隙間を詰めてもそれらを治さないかぎり後々また開いてくる可能性があるのです。
逆にその原因を取り除いて、適切な治療を行えばダイレクトボンディングを用いなくても隙間が閉じることもあります。

ちなみにそんなダイレクトボンディングの一症例を・・・


術前




術後

(写真が荒いのはご容赦ください)

元々の歯並びやそれぞれの歯の形から、ほぼ削らないで治療する場合完璧にはなりませんが、
かなり印象を変えることができます!

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



このページのトップへ