月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 院長コメント

深江歯科クリニックBLOG 院長コメント

楽しく働きたい!ですね。

今年も残り3週間sweat01ですが、何かやり残した事はありませんかsign02
患者様の中には、痛そうな治療は年内に!と思う人が多いようで・・・
インプラント手術親知らず抜歯は、年内に終えたいという希望者がup増えていて・・
非常に、充実した年末を迎えていますcoldsweats01

つい先日も、歯科医の先輩に頼まれて奥様のインプラント手術をしましたが・・・
これが、予定していた以上の難症例でしたsign01
通常の手術時のように、術前のシュミレーション通りの進行とはいかずsweat01急きょ別の手術を加え・・
そんな時には、やはり経験がものを言います。

オペ中に起きたハプニングには、その場ですぐに対応しなければいけませんので・・・
経験による多くの引き出しbookと、それを冷静な判断力で実行するdash軟らかい頭が必要です。
35年間、色んな経験をして得た技術が、大いに役立つ瞬間で・・・
僕にとっては、本当に充実した時間ですhappy01

そんな僕の姿を見て、スタッフが「先生は本当に仕事が好きですね!」と言いますが・・
正確には・・「好きになるよう、自分や仕事環境を変えたsign01」かな!?と思います。

今の若者は、仕事そのものより、仕事周りへの適応能力に難があると感じます。
それは、職場環境だったり人間関係だったりするようなので・・
僕は、ここ10年間で、スタッフ対応や職場環境を大きく変えました。

そうする事で、自分自身も仕事がやり易く集中でき・・ハッピーnotesになりましたsign03

そもそも人は育ち方や能力が、百人居れば百通りなので、考え方や欲求も百通り!
そんな人が集まった社会で、自分にピッタリの会社が有るはずがない。
自分を変えて合わせるか、会社を自分に合わせて変革するしかありません。

今、歯科業界はスタッフ不足が深刻bombですが・・・
有難い事に、深江歯科おおはし歯科もスタッフには恵まれ、十分なスタッフが揃っています。

同業の歯科医には、よくその訳を尋ねられますが・・・
そうなるような環境作りshineをしています!としか言いようがありません。
まずは自分が、自分の仕事を好きになるようnote努力する!のが最初かもしれません。

不思議な事に、無我夢中で一心不乱dashに一つの事に取り組むと・・・
いつの間にか、嫌な仕事でも・・得意から好きへと変化する気がします。
「私、失敗しないので!!」という米倉涼子のテレビドラマがありますが・・・
あのドラマの主人公が、まさにその状態じゃないかと思いますhappy01


                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

唾液こそ健康長寿のカギ!

健康意識の高まりと共に、マスコミでも唾液と咀嚼の重要性shineが注目を集めていますsign01
近年の癌予防の研究の結果、唾液が持つ役割の大きさflairが明らかになってきました。

唾液には、12種類の酵素が含まれてるんですが・・・
これらの酵素に、発癌性物質の害を抑える作用があることが、明らかになり・・・
唾液と混ざり合えば合うほど、発癌性物質から体細胞を守る事ができます。
(発癌性物質とは、肉、魚の焦げや食品添加物、タバコ、大気汚染物質 など・・!)

その他にも、唾液には活性酸素を抑える働きがあり、体細胞の老化現象downwardrightを防ぎます。

最近の研究で、口腔内がきれいな人はインフルエンザにも罹りにくい事が分かってきました。
これは口腔内常在菌が増えると、インフルエンザウィルス感染を助けるのですが・・・
唾液には、それを抑制する作用shineがあります。

つまり唾液は、体を健康に保つ万能薬shineとして働き、健康長寿を担っています。
不老不死の薬を探し回ったrunと言われている秦の始皇帝ですが・・・
もしこの事を知っていれば、もう少し長生きできたかもconfident?!
我々現代人は、しっかり唾液を出して、健康長寿を実現しましょうhappy01

ではどうすれば、より多くの唾液を出すことができるのかsign02
答えは簡単・・・若いうちから、よく咀嚼dashするだけ!
軟らかい物ばかり食べず、噛まないと飲み込めないような食材も選びましょう。
歯が無い人は、軟らかい物でもいいから良く噛むと唾液が出ます。

唾液腺は脳や筋肉と同じで・・使わなければdownwardright退化しますが・・・
咀嚼回数を多くして使えば使うほど、発達して唾液もたくさんsweat02出るようになります。

若い頃からよく噛んでいれば、唾液腺の衰えも防げますが・・・
すでに唾液が出難くなってる高齢者には、唾液腺マッサージをお勧めします。
食事の前に、唾液腺マッサージをしてから食事をすると効果的です。

場所は3ヶ所・・耳たぶの下前方、そして下顎角より手前の骨の内側、もう一つは舌の下なので・・・
喉仏から前方を両手の親指で揉むか、舌を前後左右に大きく動かします(美容には、こちらがお勧め!)


もう一つ唾液をたくさん出す、もっと簡単な方法が・・!
それは、自分が好きでやりたいと思うような、趣味や生活習慣を持つことです。

それが人に評価される事shineなら、より効果的!
なぜか人間は、周囲の人から高く評価されると・・多くの唾液がsweat02でます。
ですから描きたい絵を描いて、なおかつ生前から高評価の画家は、長生きsign01

反対に、ストレスで緊張する生活をおくってると、唾液は出なくなりshock・・・
よく風邪をひいたり、病気がちな弱い体downになります。
一度の人生ですから、人の迷惑にならない程度に好きな事をやったらどうでしょうdelicious


                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

総義歯を作れる人材の不足!

歯科医の治療分野は・・当然、口腔内の疾患ですが・・結構、多岐にわたります。
虫歯の治療だけでも、詰めるだけで済む虫歯から、被せるほど大きな虫歯まで・・・
更には、神経を取らないとダメなほど深く大きな虫歯までsign01

神経を取る治療から、その後の処置までを歯内療法と言いますが・・・
この分野も、治療方法によってピンからキリまでsign01

それでも残せない歯は、抜歯インプラントなどの外科処置へ・・・
これもまた術者によって、ピンからキリまでsign01

そしてインプラントを選ばない人への治療は、義歯(入れ歯)・・
歯科の仕事のなかで、最も多くの先生が苦手とする分野で・・・
歯科医と技工士の経験と技術、そしてセンスに大きく左右されます。

もともと、歯という10の力で噛めていた組織の代わりに・・・
の力しか出せない粘膜を使って、十分な力を発揮させようとする道具が義歯で・・
型取りから設計、製作、噛み合わせまでがパーフェクトshineでないと10の力は発揮できません。

相当な手間と技術の集約が必要とされる分野で・・総義歯はその最高峰です。
残念ながら最近では、満足な義歯を作る歯科医が少なくなり・・皆、インプラントへ・・!

原因は簡単です!・・義歯、特に総義歯は難しく、知識と熟練が必要なんですが・・・
健康保険での対価が低い上、総義歯の需要が少なくなり・・歯科医が技術を磨く場がありません。

現状では、安い治療費のため歯科医も技工士も、短時間で簡単に作ろうとします。
未熟な製作者が、時間を掛けなければ・・結果は推して知るべし!です。

もちろんインプラントも未熟な先生がやれば、大きな失敗に繋がる事もありますが・・
高額治療ですから、歯科医は時間や最新機器をたっぷり使って準備flairができます。
その分だけ、失敗は少なくなります!

義歯も同様で、熟練の歯科医と技工士が時間を掛ければ、素晴らしい物ができます。
難症例の義歯では、絶対に長い時間と熟練の技工士が必要なので・・・
患者様とは必ず自費治療の相談をしてから、治療を始めます。

年々、世間の要求が高度化してる以上、歯科でも専門医制度を作る必要がありそうですconfident



                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

過剰診断に陥る現代医療!

先日、年に1度の学術大会と同窓会が、長崎で開催され・・・
久しぶりに歯科大の同窓生と、会ってbeer話ができました。

そんな中、友人の弟で後輩でもあるYが、話しかけてきて・・・
「先生、今年の夏に甲状腺癌の手術をしましたsweat01」と傷を見せてくれました。

彼は、まだ50歳で・・僕と友人が歯科大生の頃、家に遊びに行くと、まだ中学生でした。
後で調べてみたら、甲状腺癌は40歳から50歳の人に多いそうですが・・
調べてる内に、過剰診断という言葉が目に入りました。


一般的に癌は、早期発見、早期治療が推奨されますが・・
甲状腺癌には、若年性甲状腺癌と言われる癌があって・・・
名称の通り、若い時に発生する甲状腺癌ですが・・最近になって、分かってきた事があります。

10代で発生した甲状腺癌細胞は、20代、30代とupwardright増え続けますが40代で止まりdanger・・・
その後は、全く増えない事が分かってきました。
つまり子供や10代で甲状腺癌が見つかっても、あわててオペする必要はないということです。

実は超音波検査をするようになって、小さな甲状腺癌も見つかるようになったのですが・・・
そのため、子供や若者の甲状腺癌の手術が大幅に増加upしました。
まさに早期治療ができて、本来なら甲状腺癌の死亡率がグッと下がるはずsign01ですが・・・

実際には手術で完治した人は増えてるにもかかわらず・・死亡率は全く下がっていません。
つまり若年性甲状癌に罹ったまま年を取っても、死には至らないという事が分かってきました。
無理に早期手術する必要はないということですsign01

このように、患者にとって本来必要が無い治療へと導く診断を、過剰診断といいます。

過剰診断は、検査機械が進歩した現代社会では、よくある事でcoldsweats02・・・
CTやMRI、PETなどの検査によって、余計な事まで分かってしまう時代になりました。

我々歯科医の分野でも、十分あり得る事なので、肝に銘じたいと思いますconfident


                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

熟練技工士vsデジタル技術 

ソフトバンクが、やっと楽天に勝ち・・西武にも1勝happy01
今週末は台風なので、たぶん中止で・・結果は来週初めに持ち越しですね、きっとsign02
実は日曜日、ヤフオクドームでCS観戦をするつもりだったのですが・・・

その日に前々から講習会が入ってる事を、思い出し・・断腸の思いでCS断念crying
日曜日は、講習会へ行ってきました。

最近では、講習会場で僕より年配の先生を、見掛けることが珍しくなり・・
ちょっと前まで若手だったのに!と思いながらcoldsweats02受講してきました。

50歳過ぎ頃から、友人を講習会や学会に誘っても・・行く人間が居なくなり・・・
寂しく一人で出席する事が多くなりましたsweat02
みんな、ゴルフだったら直ぐに集まるんですがねーcoldsweats01・・!

今回の講習会は、いくつかの最新技術flairについて!

今までは、被せる物を作る時には、シリコンやアルギン酸で型を取ってましたが・・・
それを3Dスキャンで撮影し、歯の型のデータをデジタル化し・・
3DプリンターやCAD/CAMに送って、被せ物を作ります。

実は、このシステムはかなり前からあるんですが・・全部揃えると一千万円を超えup・・
その上、かなり精度が悪いsweat01ので・・新しく導入するメリットがありませんでした。

現在では、だいぶ改良され使い勝手も良くなってるようです。

それでもアナログな従来法に、まだ精度面で追い付いていないようで・・・
ある先生によると、高い設備投資をする最大のメリットは・・患者様へのアピールだそうでthink
何とも下種な話で・・そんなものは、必要ないでしょうsign01

ただ、もう少し精度が上がって従来法と差が無くなったら・・導入しようと思っています。
このシステムの隠れた最大のメリットは、患者様の口腔内データが簡単に保存でき・・
今まで廃棄してた石膏模型や紙媒体の記録を、経年的に残せる事!
そして作るのに1週間掛かっていた技工物が、数時間で出来る事!

現時点では、当院の技工士さんが作る技工物の方が、遥かに優れていますから・・
導入するメリットが見当たりません。
僕は技工物は早くできても、精度が悪い物を自分の口には入れたくない!
そんな自信が持てない物を、患者様に入れる訳にはいきませんsign01

しかし、このシステムは数年内に熟練技工士と同等以上になります。
その時には、必ず・・・happy01


                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

最新の歯科材料ジルコニア!

昨日の診察室での、僕と患者様との会話ですconfident
「次回、この奥歯を被せますが、以前に入れたのと同じ銀歯でいいですか?」
「先生、年取ると醜悪になるから白くしなさいsweat01!と女房に言われたんで白くして下さいcoldsweats01

これを聞いて、日本人も変わったなーと思いました。
「ブランド品を身に着けながら、銀歯の日本人!」が外国人歯科医が持つ日本人像でした。
高いバックを買う前に、銀歯を白くしたらsign02と言いたいのでしょう。
確かに、日本人は銀歯に無頓着sweat02すぎかもしれません。

でも最近では、奥歯も白くしたいという男性がup増えています。
女性は、もともと白くする人が多いのですが・・・

最近になって、歯科材料としてジルコニアを使う技術が確立shineしたため・・
簡単に、丈夫で長持ちする白い歯を作れるようになり・・・
我々歯科医も、自信を持って治療する事が出来るようになりましたdelicious

従来は、セラミックやレジン樹脂を使ってたんですが、それぞれに大きな欠点がありました。
レジンは安価で使いやすいのですが、質や色が悪く変色しやすい欠点があり・・
何より科学的刺激が強いbombので、詰め物に使うと、数年後に神経がダメannoyになることあります。
歯のためには、できれば使いたくない材料です。

セラミックは色が綺麗で変色もなく、硬いので前歯にはいい材料goodですが・・・
半面、脆くて容易に欠けやすいため、大きな力がdash継続的に加わる奥歯には不向きでした。
ただ、セラミック以外に奥歯を白くする方法がありませんでしたから・・
仕方なく、丈夫にするために厚く作ってました・・必然的に歯を削る量は多くなりますcoldsweats02

そこで開発されたのがジルコニアです。
今まで硬くて加工が難しく、複雑な形を作るのは不可能でしたが・・・
技術の進歩で、加工が出来るようになりましたsign01

もともとジルコニアは生体親和性がよく・・・
チタンに次ぐ次世代材料として、インプラント人工関節への期待がある材料です。

インプラント分野では、すでに次世代インプラントとして商品化されつつあります。

歯の材料としては、体に優しい上に、歯のエナメル質と同等の硬さがあるため大変適していて・・
金属のように、腐食して金属イオンが体に蓄積し、アレルギーを起こしやすくなったり・・
レジン樹脂のような、科学物質による環境ホルモンの問題がありません。

今、最も治療の材料として、安心して使用できる素材は・・セラミックとジルコニアですsign01
歯に詰め物をする場合は、セラミックの強さで十分ですが・・・
被せる時は、ジルコニアが最良です。
生体親和性はチタンやセラミック以上で、強度は金属並み!・・しかも歯と同じ色ですから!

コストダウンできれば、これ以上の材料はありませんhappy01



                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

治療した歯でも再発する事が・・!

治療した歯なのに、また悪くなったweepという経験はありませんか?

一度治療した歯は悪くならない!と思い込んでる人が多いようですが・・
どちらかと言うと、治療した歯の方が悪くなりやすくsweat01・・・
以前に治療した歯が痛いweepという人は、結構多いんです。

こういう場合、2通りのケースが考えられます。
一つ目は、虫歯を治療して詰めた金属の下が、経年と共にまた虫歯downになってたり・・
治療の際、虫歯が深く神経の近くまで削った場合です。

こんな時には神経を保護する薬を入れますが・・それでも痛みが出る事が・・・
軽い痛みで数日で治まれば、神経は残すことができますgood

もし激しい痛みが出てしまったら、ほぼ神経は取る事にsweat02なります。
近年、神経を残したいという患者様が多いので、出来るだけ残す努力をしますが・・
一度、炎症が広がると元へ戻るのは難しく・・歯髄壊死へannoy!!

神経を取ると、歯は弱くなりますから・・残すに越したことはありません。
近年、冠部歯髄だけを除去し、根部歯髄は残す方法もありますが・・
特殊な材料が必要です!

そしてもう一つの痛みは、神経が除去されてる歯の歯根先端に、膿が溜まった場合で・・
歯と骨の間で大きくなり、最後に激しい痛みがannoy出ることがあります。
これは何年も何十年もかけて悪くなっていて、膿を出さないと痛みは止まりません。

こういう痛みの来院では、通常、膿を出し薬を入れて、蓋をして帰しますが・・・
家に帰ってから、再び痛みが激しくなってくるcryingことがあります。

治療で一時的に膿が出て楽になっても、時間と共にまた膿が溜まり始め・・・
上から蓋をした結果、膿の出口がなくなり神経が圧迫されて痛みがでます。

この場合の治療は、上の蓋を外してしまえば膿が出て楽になりますcoldsweats01が・・・
蓋が無いと、細菌も食べ物も根管の中に入り、更なる感染を起こす事もあり・・
あくまで応急処置ですsign01

膿が溜まり痛みがでるのは、体の抵抗力が衰えてる時で・・・
季節としては春と秋に多く、口腔内が不潔な人ほど出やすくなります。
毎日飲酒したり、忙し過ぎて睡眠時間が短い人は要注意sign01

一度治療した歯は悪くならないと思いがちですが・・・
治療していても、免疫力が落ちたり、口腔内を不潔にしてたら再発しますhappy01



                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

注意しづらい他人の口臭!

皆さんは、自分に口臭があると思いますかsign02
今回は、この微妙なテーマに対して、歯科医が感じてる意見を述べたいと思います。

はっきり「自分に口臭がある!」と認識してる人は・・おそらく一割にも満たないと思います。
でも、絶対無い!と言い切れる人も一割いないのではconfident?!

6~7割の人は・・「無いと思うけど・・自信がないcoldsweats01!」と云うところでしょうか?
でもそういう人の、半数には口臭がありますsign01

先日、全国の歯科医、衛生士への口臭治療に関するアンケートを行った結果・・・
「あなたは、口臭がある患者様に、口臭があると伝えますか?」という質問に・・
歯科医では、「治療に必要であれば、伝える!」が・・35.7%

衛生士は、「遠回しに伝える!」が・・32・9%

70%近い歯科関係者は、口臭に気付いても患者様には伝えないsign01
それぐらい口臭の問題は、微妙で・・歯科スタッフでさえ、本人に伝えにくいテーマで・・・
教えてあげた方が、親切だと思いますが・・傷つけるのでは?!と気を遣いますcoldsweats01

歯科医でも伝えられず困ってる訳ですから・・一般の人が「君、臭うよ!」とは言えませんsweat02
下手すると今の時代、パワハラとか虐めとか言われそうですから!
厄介な時代ですねsweat01

では実際には歯科医は、何%の患者様に口臭を感じるのか?
だいたい50%前後の患者様に対して、「口臭があるな!」と感じてるようで・・
特に、男性に多い傾向があります。

歯科医は、僕も含めて治療に関係なければ、患者様には言えませんthink
気になる方は、自分から聞く事をお勧めします。
必ず本当の事を教えてくれます!

虫歯も歯周病もなく、歯磨きも良く出来てるのに、口臭が有る場合・・・
鼻や内臓疾患、食べ物や薬、職業や生活習慣に関係があったりで・・プライベートな事が多く・・
歯科医側としては、自分からあまり深く掘り下げる事はできませんcoldsweats02
患者様側からの相談依頼shineが必要です。

でも明らかに歯周病や虫歯の臭いや症状があるようなら・・伝えます。
この場合、原因がはっきりしてる上に、我々歯科医が治すことができますから・・・

中には、口臭を伝えても治療しない人もいますweep
日本人は自分の口臭に鈍感ですねー!
敏感な欧米人なら直ぐ治します・・口臭によるイメージダウンが大きい事を知ってますから!

自分の口臭が分かり難いのは当然ですが、口臭持ちの人は他人の口臭にも鈍感です。
タバコを吸う人が、喫煙者の体臭に鈍感なのと同じです。

でも周りは無言のうちに、あなたの口臭に悪い評価を下し・・・
臭いと思ってますwobbly!・・ただ言わないだけで・・あなた自身ががそうであるようにconfident


(来週13~15日はお盆休みを頂きます。)


                          <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

再生医療と合体したインプラント治療!

皆さん、先週の3連休は楽しくnotes過ごしましたかsign02
当院のスタッフ達も、地元に帰ったり映画を観に行ったり・・今週は楽しそうに話してました。
映画はアラジンshineが面白かったそうです!

僕は土日でインプラント学会のため・・金曜日の仕事が終わって、最終で東京へairplane・・・
いつもならこの学会は海外からの先生も多く、会場はいっぱいdashなのですが・・・
思いの外、出席者が少なく(連休のせい?!)・・いつになく会場の広さが目立つ学会でした。


ただ講演はインプラントだけじゃなく、最新の再生医療の話題が多く、面白い学会でしたhappy01
実際に研究をしてる先生方の話ですから・・とても面白く興味深い内容で・・・

例えば、歯周病で骨が無くなったようなケースでは・・現在、新しい骨を造ることはほぼ不可能sweat02です。
(歯周病は歯を支える歯槽骨が溶ける病気です。)
しかし、今それを可能にする研究が進んでいて・・実験的に、人に応用し始めています。
これが出来るようになれば、歯周病は克服されますが・・まだ実験段階sign01

その他にも実際に歯胚を作って、顎骨に埋め込む実験を行ってて・・・
これができれば、永久歯につぐ第三の歯が生えることになります。

ただどちらの実験も、お金dollarが掛かりすぎて一般臨床導入には、まだまだのようで・・
コストダウンが目下の一番の課題だそうです。

そこでいま一番実現に近いのが、現在有るインプラントに歯根膜を作る事!だそうで・・・

現在のインプラントは、骨と直接結合をしているだけで・・歯根膜はありません。
とても強力な結合sign05で、抜こうとしても天然歯のように簡単には抜けず・・・
よく噛めますが、天然歯で感じるような触感がありませんdown
また、歯根膜がないため、天然歯と繋いでブリッジにする事ができません。

もし歯根膜を付着できれば・・臨床には一段と利用しやすくなり・・
天然歯とブリッジ治療をすることで、インプラントの本数も減らせ・・治療費の削減ができますgood

やっと人間での治験に成功したらしいので・・製品になるのが楽しみ!
後は、製品が安くできさえすれば・・普及すると思います。

歯科の技術もどんどん進んでいて・・楽しみですねhappy01


              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

歯周病治療は、生活改善から!

年々「歯は抜きたくないsweat01!」という患者様が増えてます。
「歯は一本でも多く残しましょう!」という我々歯科医やメディアの影響だと思いますが・・

抜きたくない患者様に、抜歯を決意してもらうのは大変coldsweats02です。
重症の虫歯の場合、患者様も症状が分かりやすいく納得し易いのですが・・・
歯周病では、一見すると歯は健全そうに見るため・・分かってもらうのは大変ですsign01

よくあるのが、「歯がグラグラで噛むと痛いから何とかして欲しいsweat02」という患者様で・・・
そういう場合、歯茎から出てる歯冠と言われる部分は健全なんですが・・・
レントゲンを撮ると、歯茎の下の骨が溶けて無くなってるdown場合がほとんどで・・・
歯根と言われる部分が、骨による支えを失って、歯が浮き草状態になっています。

歯根が少しでも骨に埋もれていれば、横揺れはあっても残せる可能性があるんですが・・・
浮き草のようにプカプカして縦揺れがあるようだと・・残念ながら抜歯です。

残しておく事のディメリットを、しっかり説明しますが、それでも残したい人には・・・
残念ながら何もできません!・・こういう歯は余計な事をすると抜けちゃいますsign01

この前も抜きたくない患者様が、1っか月後に痛いから抜いてと来院したり・・
中には、抜きたくないと帰って、2~3ヶ月で自然に抜けてしまう人もいます。


そういう患者様は、ほとんどが男性で・・同じことを言います。
「早よう抜けばよかった!抜けたら噛みやすうなった!!」と・・・
そうでしょー!だから言ったじゃないですか!!と心の中で叫びますcoldsweats01

多くの歯周病の患者を治療してきて・・はっきり分かった事があります。
歯周病が治るか治らないかは、自分(患者)次第ということ!
歯科医の治療だけで治る病気ではありません。

毎食後の歯磨きが、きちんと出来る事!
・・「歯磨きは、してるよ!」と噛みつく人もいますが・・してるのと、できてるのは違います。
酒はほどほどに!タバコは止める!
・・このへんで、殆どの人は諦めます。
睡眠を良く取って、規則正しい生活をして下さい。

健康な歯茎を維持するのは、けっこう大変です。
歯周病の相談にくる患者様は多いのですが・・治療を続けられるのは、ほんの一握り!
殆どが女性shineです。

最近では、治療が続かない人には・・・ロイテリ菌をお勧めします。
僕の患者様で歯磨きができない人でも、歯茎が改善しています。

歯を抜きたくなかったら、完璧な歯磨きが出来なければ、酒,タバコのどちらかを止める。
それに加えて、ロイテリ菌を使って下さいhappy01

 
              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

1234567891011

« 院長雑談 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ