月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2020年3月

深江歯科クリニックBLOG 2020年3月

日米欧中vsコロナ!

WHOのパンデミック宣言から1週間・・・世界中が大騒ぎannoyになっています。
特にアメリカでのコロナ流行は、世界経済への影響が大きく・・・日本にとっても大打撃ですthink

ここまで世界中に広がると、終息には半年や1年?は掛かると思うのが普通で・・・
今年のオリンピックはどう見ても、無理かなsweat02?!と・・考えてしまいます。
残念ですが・・日本は踏んだり蹴ったりですねー!ついてないweep

欧米諸国の今の状況を見ると・・オリンピックどころか、経済が心配にsign02
ワクチンか、特効薬ができれば、一挙に明るくなるんですが・・・

最近になって、一つだけ、明るい材料が・・・
日本のアビガンが有効かも?!と言われて・・日本や中国で治験を行ってましたが・・
どうやら両国ともに、有効、安全shineだと結論がでたようです。

アビガンは、5年前、日本の富士フィルムが開発し承認されたインフルエンザ薬で・・
中国では、実際の患者に対して有効性確認試験をやってましたが・・・
有効という事で、すでに中国企業がアビガンの後発薬を量産dashし始めました。
エッ!と思ったのですが・・どうやら中国企業が富士フィルムとライセンス契約を結んでるようですsign01

因みにアビガンは、日本では既に200万人分の備蓄をしてあるんですが・・・
次の新型インフルエンザ向けの特効薬としての備蓄なので、使用できない。
でも本当にコロナに有効となれば・・そんな事を言ってる場合じゃないでしょうsign03

ワクチンは世界中で開発してますが・・・
最もリードしてるアメリカや日本でも、実用化できるのは1年先です。

結局、中国からの発症して、中国が一番苦しみ・・真っ先に終息しつつあるのも中国で・・
ここにきて、欧米諸国が大変な事になり・・中国はイタリアなどを人的援助をする立場に逆転!
この前まで、遠いアジアでのよそ事だった欧米諸国にとっては、何とも皮肉な展開ですthink

アメリカもまた慌てふためき、パニックannoyに・・・
アメリカ経済が、こんなにみっともなく動揺するとはwobbly想像が付きませんでした。
日本や中国の方がよほど冷静に見えます。

医療費が高額で、普段から病院を頼っていないアメリカ人特有の不安が広がってる気がします。
何かあると、直ぐに病院を頼れる日本に住んでて幸せですconfident



                        <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

ゴム手袋まで品不足に・・!

先日、いつもの店に業務用のペーパータオルを発注したところ・・売り切れdown
そこで休みの日に、実家近くの大型店を・・田舎なら有るだろう?と安易な気持ちで回って驚いた!!
見事に、陳列棚が空っぽで・・改めて風評被害の怖さを感じ・・ガックリとweep肩を落として帰ってきた。

スタッフ全員が使うので、毎日大量のペーパータオルが必要で・・・
最悪キッチンペーパーで代用するか?!と思いながら帰ってきましたが・・・
持つべきものは妻heart04!・・ネットで見つけ、大量に仕入れてくれました・・感謝!!
1ヶ月くらいは、何とかなりそうです。

ただペーパータオルは、何かで代用できるけど・・・
今、歯科医院で何といっても困ってるのはcoldsweats02・・・マスクと消毒用エタノール!

マスクをスタッフに持参させる医院や、週1枚の支給になってしまった医院・・・
何十倍もするネット商品を買わざるを得ない医院・・・
みんな苦労していてます。

僕は開業当初から、完全滅菌を心掛け仕事をしてきましたが・・・
完全滅菌には、本当にお金と人員が掛かります・・やってる僕が言うのだから間違いありません!!
政府に一言文句をいうなら・・現場を考えて制度を作って欲しい。

その上、今回みたいな品不足が続けば・・体力が無い歯科医院は、本当に大変ですsweat01
それを自由競争だと言ってしまえばそれまでですがsweat02・・・

幸い深江歯科は、十分なマスクとエタノールを早めに確保しておいたので2~3か月は大丈夫ですが・・・
品不足が長引けば・・大変です!・・エタノールは90%が中国製なので、中国が終息しないと・・!
マスクもほぼ中国製で・・影響が大きいですねthink

昨日、長い付き合いの歯科材料店の担当者が・・・
「手袋が品切れしそうなので、買っといた方が良いですよ!」「今ならまだ在庫が有ります!」と・・
教えてくれたので、1人1000枚、計8000枚の手袋を買いました。

そんなに買いだめしてー!と思うかもしれませんが・・・
深江歯科の場合、1日で200~300枚使いますから・・ほぼ1ヶ月半しかもちません。

スタッフが「私の友達の医院は、1人につき1日1組(2枚)しか貰えんらしい!」
「えー、汚なー!信じられな~い!絶対嫌やangry!」な~んて、勝手な事ばかり言ってましたので・・・

昭和の頃の話をしてやりましたsign01
卒業して10年ぐらい(昭和の時代)は、日本中の歯科医が手袋なしで治療してました。
中央に消毒槽があって、治療が終わると手を洗って消毒槽につけてました。
勿論、使い回しの布タオルで拭いて・・器具、タービンも使い回し!
今考えると、ゾッとしますが・・どこも同じ不衛生な状態で・・それが常識だった事が恐ろしいthink

人間は、毎日やってる事が当たり前になり・・常識になっていきます。
当院のスタッフが、自分で汚いと感じてくれるのは、僕にとっては喜ばしい事ですdelicious



                        <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

もっと消毒、滅菌を・・・!

政府の号令一下、一斉に日本中で外出の自粛が始まりました。
日本人らしいですねsign01

今週は、月曜日から車は少なく、外を歩いてる人の数がdown圧倒的に減っています。
深江歯科から見える、出勤の人波が半分以下になり・・観光客らしき姿もまばらになりました。

人間とは不思議なもので・・こうなってくると集団心理で多数派の方へ流れ・・・
今まで、元気いっぱい動いてた人まで・・自粛を始めcoldsweats02・・・
これが経済に大きな影響を与え・・敷いては不況へと・・政府が一番心配してるシナリオです。

深江歯科の患者様の動向も面白くて・・・
県外など遠くから来てる患者様の中には、「コロナが怖いから博多には行きたくないsweat02」と・・・
キャンセルしてくる人がいるかと思えば・・・
「コロナで飲み会が中止になったので、この機会にインプラントオペをやりたい!」とか・・・
「テレワークになったので、今なら腫れてもいいから親知らずを抜きたい!」などと来院する人もいます。

今、患者様が気にしてるのは、何といっても院内感染
そこで皆さんに心配を掛けないように、深江歯科の現場状況を書いてみます。

もともと、深江歯科では感染防止のために、毎朝徹底した掃除、消毒をしています。
室内はクロルヘキシジンで、徹底的に拭き掃除をし・・・
人の手が触れるような場所は、さらに消毒用エタノールを使います。

スタッフには、一人一人に携帯用エタノールを渡し、使用してもらっています。
・・・手が荒れると不評ですが・・そんな事は言ってられないsweat01

一番気になるのは、治療器具や切削器具はどうか?!だと思いますが・・・
これは、開業当初から、徹底した滅菌を行っています。

未だに薬液消毒しただけで、器具を使い回す医院が多く・・・
働いてる衛生士が「汚いから自院で治療したくないhappy02!」と、笑い話みたいな現状があり・・
1人の歯科医としては・・ちょっと情けないweep

当院では、患者様に触る物は、全て完全滅菌か、使い捨て!が原則で・・・
高価だろうが傷みやすかろうが、2台のオートクレーブ滅菌器で、完全滅菌しますsign01

歯科では、何故いつまで経っても完全滅菌が出来ないのでしょうか?
答えは簡単で・・コストが掛かるから!

例えば、当院ではタービンという切削器具が、40本近くあり・・一人一人滅菌しますが・・
通常4~5本の医院が多く・・完全滅菌すると時間が掛かかり、間に合わない!
その上、高温高圧で滅菌するため痛みが速く・・修理コストが・・・
実際、当院でも毎年100万以上のタービン修理費が掛かっていますcrying

タービン自体も、1本10万円近くなので・・完全滅菌にはコストが掛かります。
だからと言って、今の現状は良くない・・制度改革が必要です。
・・もうそろそろ、政府も歯科医も、目を覚ますべきですthink


                        <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

1

« 2020年2月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ