月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2019年7月

深江歯科クリニックBLOG 2019年7月

想い出の日本映画!

去年、英国BBC放送が、「偉大な外国語映画ベスト100」を発表したんですが・・・
世界40ヶ国200人以上の評論家が選んだベスト1は・・黒澤明の「七人の侍」
4位も黒澤明の「羅生門」、そして3位が小津安二郎の「東京物語」

10位以内は殆ど1970年以前の映画movieばかりで・・・
昔の方が、人に感動を与える映画が多かった!という事でしょうかsign02

因みに、七人の侍は1954年公開で、僕が生まれる前の映画ですが・・・
理由あって、小学生の時から、一度は観たいflairと思ってた映画なんです。

実は、小学1年の時、担任の先生に七人の侍というあだ名を頂きました。
その頃、同学年で喧嘩ばかりして,先生の言う事を聞かない生徒がちょうど7人いたそうで・・
その話を家庭訪問の時に、先生が母と祖母にcoldsweats02・・・

子供心に、絶対怒られると思ってましたが・・なぜか両親には怒られずcoldsweats01・・・
それどころか、祖母がえらくニコニコ顔で嬉しそうだったのを覚えています。
それが何故なのか?・・子供なりに気になったいました。

母から、映画が由来だと聞かされ・・きっと七人の悪人の話だなと思い込んでて・・・
5年生になった時、何かのきっかけでこの映画を観ることに・・子供なりに感動しましたsign01
小さい時、ゴジラを観て以来の衝撃でした。

映画を観て、あの時の祖母の笑顔の理由が・・何となく解った気がしました。
それと同時に、あだ名をくれた先生のユーモアを感じたshineのを、今でもはっきり覚えています。

僕の映画好きは、この映画がきっかけですが・・・
こんなに夢中になれる映画には、なかなか出会えません。

それにしてもベスト5に、日本の映画が3本もup入っているとは・・・
日本映画は日本人が考えてる以上に、世界的に評価が高いようです。
でも残念ながら、昔の映画ばかりで・・最近の映画の評価はあまりdown・・・

そんな中、BBCから「21世紀の映画ベスト100」が発表されました。
こちらは、ごく最近2000年代の映画から選ばれたベスト100ですが・・・
日本映画は、残念ながら4位の「千と千尋の神隠し」、たった1作品だけでしたdown


もう黒澤明ののような巨匠は、現れないのでしょうかsign02
(大学生の時に祖母から聞いた話ですが・・
 戦争から帰還した父は、黒澤明に憧れて京都に家出をしてたそうですhappy01


              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

再生医療と合体したインプラント治療!

皆さん、先週の3連休は楽しくnotes過ごしましたかsign02
当院のスタッフ達も、地元に帰ったり映画を観に行ったり・・今週は楽しそうに話してました。
映画はアラジンshineが面白かったそうです!

僕は土日でインプラント学会のため・・金曜日の仕事が終わって、最終で東京へairplane・・・
いつもならこの学会は海外からの先生も多く、会場はいっぱいdashなのですが・・・
思いの外、出席者が少なく(連休のせい?!)・・いつになく会場の広さが目立つ学会でした。


ただ講演はインプラントだけじゃなく、最新の再生医療の話題が多く、面白い学会でしたhappy01
実際に研究をしてる先生方の話ですから・・とても面白く興味深い内容で・・・

例えば、歯周病で骨が無くなったようなケースでは・・現在、新しい骨を造ることはほぼ不可能sweat02です。
(歯周病は歯を支える歯槽骨が溶ける病気です。)
しかし、今それを可能にする研究が進んでいて・・実験的に、人に応用し始めています。
これが出来るようになれば、歯周病は克服されますが・・まだ実験段階sign01

その他にも実際に歯胚を作って、顎骨に埋め込む実験を行ってて・・・
これができれば、永久歯につぐ第三の歯が生えることになります。

ただどちらの実験も、お金dollarが掛かりすぎて一般臨床導入には、まだまだのようで・・
コストダウンが目下の一番の課題だそうです。

そこでいま一番実現に近いのが、現在有るインプラントに歯根膜を作る事!だそうで・・・

現在のインプラントは、骨と直接結合をしているだけで・・歯根膜はありません。
とても強力な結合sign05で、抜こうとしても天然歯のように簡単には抜けず・・・
よく噛めますが、天然歯で感じるような触感がありませんdown
また、歯根膜がないため、天然歯と繋いでブリッジにする事ができません。

もし歯根膜を付着できれば・・臨床には一段と利用しやすくなり・・
天然歯とブリッジ治療をすることで、インプラントの本数も減らせ・・治療費の削減ができますgood

やっと人間での治験に成功したらしいので・・製品になるのが楽しみ!
後は、製品が安くできさえすれば・・普及すると思います。

歯科の技術もどんどん進んでいて・・楽しみですねhappy01


              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

歯周病治療は、生活改善から!

年々「歯は抜きたくないsweat01!」という患者様が増えてます。
「歯は一本でも多く残しましょう!」という我々歯科医やメディアの影響だと思いますが・・

抜きたくない患者様に、抜歯を決意してもらうのは大変coldsweats02です。
重症の虫歯の場合、患者様も症状が分かりやすいく納得し易いのですが・・・
歯周病では、一見すると歯は健全そうに見るため・・分かってもらうのは大変ですsign01

よくあるのが、「歯がグラグラで噛むと痛いから何とかして欲しいsweat02」という患者様で・・・
そういう場合、歯茎から出てる歯冠と言われる部分は健全なんですが・・・
レントゲンを撮ると、歯茎の下の骨が溶けて無くなってるdown場合がほとんどで・・・
歯根と言われる部分が、骨による支えを失って、歯が浮き草状態になっています。

歯根が少しでも骨に埋もれていれば、横揺れはあっても残せる可能性があるんですが・・・
浮き草のようにプカプカして縦揺れがあるようだと・・残念ながら抜歯です。

残しておく事のディメリットを、しっかり説明しますが、それでも残したい人には・・・
残念ながら何もできません!・・こういう歯は余計な事をすると抜けちゃいますsign01

この前も抜きたくない患者様が、1っか月後に痛いから抜いてと来院したり・・
中には、抜きたくないと帰って、2~3ヶ月で自然に抜けてしまう人もいます。


そういう患者様は、ほとんどが男性で・・同じことを言います。
「早よう抜けばよかった!抜けたら噛みやすうなった!!」と・・・
そうでしょー!だから言ったじゃないですか!!と心の中で叫びますcoldsweats01

多くの歯周病の患者を治療してきて・・はっきり分かった事があります。
歯周病が治るか治らないかは、自分(患者)次第ということ!
歯科医の治療だけで治る病気ではありません。

毎食後の歯磨きが、きちんと出来る事!
・・「歯磨きは、してるよ!」と噛みつく人もいますが・・してるのと、できてるのは違います。
酒はほどほどに!タバコは止める!
・・このへんで、殆どの人は諦めます。
睡眠を良く取って、規則正しい生活をして下さい。

健康な歯茎を維持するのは、けっこう大変です。
歯周病の相談にくる患者様は多いのですが・・治療を続けられるのは、ほんの一握り!
殆どが女性shineです。

最近では、治療が続かない人には・・・ロイテリ菌をお勧めします。
僕の患者様で歯磨きができない人でも、歯茎が改善しています。

歯を抜きたくなかったら、完璧な歯磨きが出来なければ、酒,タバコのどちらかを止める。
それに加えて、ロイテリ菌を使って下さいhappy01

 
              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

アジアのインプラント事情!

昭和の時代から、インプラントをやり続けていますが・・・
始まったばかりの頃は、勉強する場がなく・・大学でもインプラントはやっておらず・・
嘘のような話ですが・・インプラント分野は、開業医が大学より10年先を行ってました。

当時は、日本でインプラントを教えられるような先生が、殆ど見当たらずsweat02・・
僕が知ってる限り、小宮山弥太郎先生がスウェーデンで勉強して戻ってきていて・・
日本では、この先生だけが唯一無二のような存在でした。

教えられる先生が居ないまま、数種類のインプラントが全国で販売され始め・・・
全国の先生達は、
販売業者のマニュアルだけをもとに手術するようになり・・・
怖い話ですが、すべてが手探り状態でしたcoldsweats02

学会で世界中の先生に会いますが、今はインドが丁度同じような状況だそうです。
人口が日本の10倍なのに、歯科医は日本とほぼ同数で・・大忙しと思いきや・・・
保険制度が無いため、歯科治療は高額所得者だけが受診するそうです。

歯科治療全体が高額で・・インプラント治療も始まったばかりらしく・・・
昔の日本のように、業者のマニュアルを頼りにオペをやってる先生が多いそうです。

一方、一足先に途上国から抜け出した中国は・・?!
先週、中国で大きな歯科医院を経営してる先生が福岡にairplane数人で遊びにきました。

日本で最新の機械や技術を、仕入れるのが目的ですが・・・
(中国では検閲が厳しく、新しい器械の導入が日本より約2年遅れます。)
中国人は、とにかく新しい物が大好きで、目新しい器械shineを欲しがります。

今の中国歯科界は、日本とインドの丁度中間的な現状で・・・
これから政府による保険制度が、導入されるのではないかcoldsweats02?!と心配していました。

今、彼らは最新の病院で、中国の富裕層だけを相手に診療していますが・・・
(高いので一般庶民は、行きません。)
「政府の保険が導入されれば、全員を受け入れることに・・」と悩んでました。

一般的に中国では、50年も前の錆びた器械を使ってる不衛生な医院がいっぱいあり・・
もし国民皆保険となれば、このような医院と同額で診療する事になります。
そんな事を、彼らが受け入れるはずがありませんsign01

もしそうなれば、中国人らしく裏の抜け道を作るでしょうcoldsweats01
毛沢東時代から中国人が良く使う言葉で・・「上に政策あれば、下に対策あり」です。

そう考えると、日本の保険制度は凄い!・・きちんと定着していますconfident


             <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

1

« 2019年6月 | メインページ | アーカイブ | 2019年8月 »

このページのトップへ