月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2018年5月

深江歯科クリニックBLOG 2018年5月

フッ素は安全なのか?!

一時期、フッ素の危険性bombが雑誌に取り上げられ、話題になり・・・
「子供のフッ素塗布は安全か?」「歯磨き粉に入ってるフッ素は?」とよく聞かれ・・
応えに困った事coldsweats02がありました!

もともとフッ素は単体としては猛毒shadowと定義されるので・・無理もありませんが・・
天然に単体で存在する事はなく、化合物として存在しますsign01

従って、フッ素塗布液にも歯磨き粉にも、
フッ化ナトリウム
として配合され・・
もちろん人体には無害とされてるからこそ、世の中に出回ってるんですが・・・
最近それさえも問題視する人々が・・海外でもチラホラupwardright

アメリカでは、60%の地域で水道水のフッ素化が行われてますが・・・
これを飲料水として使用しててsweat02・・さすがにこの影響は気になりますthink
オーストラリアやアイルランドも、水道水のフッ素化を推進しています。

WHOでは、「虫歯予防に多大な利益がある!」としてますが・・・
一方で、「6歳未満へのフッ素塗布は
禁忌だ」としていて・・矛盾してますねthinksign02
6歳未満とはいえ、塗布は禁忌と言ってる物を、水道水に入れていいものかsweat01

もちろん塗布と飲料水では、入れるフッ化物の種類も濃度も違うことは分かった上で・・
やはり、不安だdespair!と思うのが当たり前では?!
 
ただ、今のところ成長が止まった大人であれば、問題視する程ではないようで・・・
それでも、水道水に入れるのはthink?!と思う人が多いのでは?
僕も、日本ではやらないで欲しいと思ってる一人ですconfident
しかし科学的根拠はなくcoldsweats01・・ただの動物的な勘flairです。

ただ最近、気になる論文発表が・・ミシガン大学から・・・
「母親の尿中のフッ素濃度と、彼女の乳幼児の知的発育指数は逆相関関係にあるsign01
という・・何とも衝撃的な内容で・・・


平たく言えば・・・『母親がフッ素入り水道水を飲んでる乳幼児は・・・
・・普通の水道水を飲んでる母親の子供より、知的発育が悪いという事です。』

親にとっては、自分の事より大きな衝撃では・・・sign02
もしこれが事実なら・・水道水だけの話ではなくなってくる気がしますcoldsweats02
妊婦や乳幼児へのフッ素塗布や、フッ素入り歯磨き粉も考え直さないとsweat01・・!



                  <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント
歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

(山下ブログ)イブニングセミナー

先週の木曜日は診療後に天神のデンツプライにてセミナーを受講してきました。



内容はシンプラントというソフトについてです。

シンプラントというのはインプラントを入れようと計画する段階で使うソフトで、

撮影したCT画像や模型を元に埋入する場所や角度などを決めていきます。

また、



このように下顎の骨の中を走る神経の場所を明示して、安全な場所を計画したり、

模型との重ね合わせでかぶせ物を入れるときに最適な場所を計画したりすることができます。


通常のCTソフトでもある程度のことができるので、安全な手術ができますが、

シンプラントはガイドの作成や今後口腔内スキャナとの連動などが予定されていて

これからの診療には欠かせないものになりそうなのでもっと使いこなせるよう精進していきます。


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!






歯科医は多過ぎでしょうか?!

歯科医院が多いupwardright!と言われて久しいですが・・・
全国にコンビニ約54,000件、歯科医院は59,000件・・
よくコンビニの2倍と言いますが、最近はそこまでは多くない!ようですthink

コンビニupwardright増える一方ですが、歯科医院downwardright平成22年をピークに減少に転じました。
ただ歯科医師数が減ってるわけではなく・・開業downwardrightが減って、勤務医upwardrightが増える傾向が・・

僕の同級生をみると、大学に残った者以外はほぼ100%開業しましたが・・
30年経った今、勤務医の方が気楽でいいdelicious!という考え方が増えてるようです。

確かに歯科医院開設となると・・歯科のセンス以外に経営センスが必要ですが・・
どうも今の若者には、後者が面倒だな!と思う人が多くなってるようです。

開業資金が上昇しupwardrightリスクが増え、その上人使いが苦手sweat02な人にとって・・・
働く場は増えてるわけですから、開業以外を選択するのは当然ですsign01

昨年度、倒産した歯科医院は全国で10件です。
この数は、他の業種に比べれば決して多くない!のですが・・・
倒産なんて無い時代に開業した中高年歯科医には・・驚きですshock

歯科医は歯科大に入学した時点で、経営者になる事がほぼ決定してました。
経営センスが有っても無くてもsweat02・・ほぼ開業coldsweats02
最近になって、やっと別の選択肢が少し広がってきてるという事でしょうかsign02

現在、勤務歯科医は28,4%で、開業医は56,9%・・・
残り約15%が、教育、介護、行政、研究などの機関に属しています。

皮肉な事に、高収入の時代にはこの様な選択肢は、少なくsweat01・・・
高収入と引き換えに、仕事の選択肢が増えup・・
今の若い歯科医達は、選べるわけですから案外ハッピーnotesなのかもしれませんhappy01

そう考えると、歯科医の数は丁度良くなったのかもsign02



                  <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント
歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

(山下ブログ)保険で白い歯が?!

最近インターネットやスマートフォンの普及に伴って、いろんな情報を得ることができるようになりました。

歯科においても同様で、今までは歯医者さんに聞かなければわからなかったようなことも、
検索すればでてくるようになっています。

だからこそ大事なのは、「正しい情報を正しく理解すること」です。

とはいっても専門知識のない方に、情報を選別するのは難しいと思います。

ですので、気になることがあれば歯科医師や衛生士に相談するのが一番だと思います。



例えばインターネットニュースの見出しに「保険で奥歯に白いかぶせ物が入れられる!」というものがあったりします。

それ自体は間違った知識ではありませんが、実は保険で白いかぶせ物をいれようとする場合、
決まりとしても細かい条件がありますし、お口の中の状態から適応できないこともあります。

保険で作れる奥歯の白いかぶせ物としては「CAD/CAM冠」というものがあります。
基本的には小臼歯と言われる前歯と奥歯の中間の歯に適応されるものです。

ただし、今年から奥から二番目の第一大臼歯といわれるいわゆる「6歳臼歯」にも条件つきで使えるようになりました。
その条件とはその一つ奥の第二大臼歯がすべて残っていることです。

なぜこのような条件が付いているのかというと、
第二大臼歯がないという状態では第一大臼歯にかかる力が強くなるため、かぶせ物がもたないからです。

「CAD/CAM冠」はプラスチックでできているため、金属やセラミックほどの強度がありません。
そのかぶせ物に強い力がかかれば当然割れてしまうのです。

また、かみ合わせが不安定な方や、歯ぎしり食いしばりの強い方もすぐに割れてしまうでしょう。

その上金属に比べてある程度の厚みも必要なため、必然的に歯を削る量も増えてしまいます。

このように、「奥歯に保険で白い歯が入れられる」という見出しだけで見ればとびついてしまいそうなものですが、
その背景には様々な条件やデメリットもあります。


僕たちが説明するときにはそのあたりも説明しますので、インターネットで得た情報を鵜呑みにせず、
気軽に相談していただければ幸いです。


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!


オペを簡単にした新しいインプラント!

水曜日は、珍しく朝9時からインプラントの手術で・・・
スタッフも朝早くから、準備でバタバタdashしてました。

その光景を見ながら、30年前airplaneスウェーデンにインプラント研修に行って・・
朝、7時半からsweat01のオペに立ち会って・・眠い目を擦りながら・・
・・「早すぎだろーdespair」と友人とブツブツ言いつつ見学した事を思い出します。

北欧は、明るく晴れた時期が少ないcloudので・・・
朝早くからオペをやり・・3時には終わって、みんなでピクニックnotesへ!
太陽がsun楽しめる時期は、こういう事がよくあるようです。

当時は、インプラント分野ではスウェーデンがトップを走ってて、日本はまだまだdown
僕もこの頃は、3年続けてスウェーデンへ出かけて勉強しました。

その後は、アメリカやドイツに研修の場が移りましたが・・・
インプラント分野への、スウェーデンの貢献度はとても高いshineと思います。

あれから30年、
インプラントはもの凄い進歩を果たし・・・
あの頃、骨が無くて出来なかった場所や、病気があって出来なかった人にもgood・・・

今日の患者様も骨が少ない上に、血の流れを良くする薬を飲んでて・・昔なら、NGbomb
しかし昔に比べ、インプラントが短く細いものまでサイズが豊富になったお陰で・・
骨が無くても、オペが簡単に!・・おまけに品質が良いshineから長持ちします。

昔は、サイズの種類が少なくて、骨が細い人には適応できずdown・・・
骨が細く少ない人は、骨を造ってからインプラントするのが普通でした。

当然ながら、手術時間が長く、患者様への負担が大きいためsweat01・・・
糖尿や高脂血症の患者様は禁忌でした。

手術は長くなると、感染し易くなったり・・
出血が多くなり、術後の腫れも大きくなりますsweat02ので・・
糖尿病で感染症を起こし易い人や、血液サラサラの薬を飲んでる人は禁忌だったわけです。

それが今や、技術や器具、何よりインプラント自体の進歩で、手術時間が短いshineため・・
このような患者様でも、手術が可能になりました。

日本人は、骨が細く弱い人shockが多いので・・・
インプラントの技術進歩の恩恵を、最も受けてるのは日本人です。
技術が進歩すると、患者様も我々も本当に助かりますhappy01



                  <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント
歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

(山下ブログ)結婚式

週末は当院の保険外技工物を作ってくださっている技工士さんの結婚式に院長と参加してきました!



福津の海岸沿いの式場だったのですが、快晴だったこともあり素晴らしいロケーションでした。

技工士の桝本さんはとてもマメな方で、とても精密な補綴物(かぶせ物)を作ってくださるのですが、
結婚式でもありとあらゆるものを手作りしていて、素晴らしい結婚式でした。


今まで行った中でも群を抜いて様々な趣向が凝らされていて、驚くことが多かったです。



これ、結婚式中のデザートビュッフェです笑

素晴らしい結婚式に参加して僕も元気をもらいました!!


ということで珍しく歯科以外の話題でした~


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



糖尿病、高血圧は無呼吸から!

先月また1人、同級生が先に逝っちゃいました。
死因はクモ膜下出血ですが・・前々から糖尿病があったようで・・
大元の原因は、糖尿病のようです・・・若過ぎます!

亡くなる1週間ほど前、同窓会で会ってbeer・・・
睡眠時無呼吸症候群についてアドバイスをしたばかりでした。

糖尿や高血圧などの持病がある人が、無呼吸症候群を併発した場合・・・
このような突然死の確率が大きくアップupします。

健康で人生を過ごすには、質の良い睡眠が不可欠です。
睡眠には、大きな役割が3っあります。
一つは脳の機能維持・・昼間、脳が働くことで生じた老廃物は、睡眠時のみ除去されます。
睡眠の質が悪いと老廃物が溜まり、認知症にsweat02

二つ目は、免疫機能を活性化する事で、色んな病気に罹り難くなります。
強い免疫力は、風邪などの感染症、癌などから身を守ってくれます。

三つ目は、成長ホルモンの分泌で・・深い睡眠時だけ、分泌が促進されます。
成長ホルモンが出る事で、病気やケガの回復促進、疲労回復し・・若さを保ちます。

健康長寿の3代要因は、栄養、運動、睡眠で・・・
深い睡眠は、非常に重要なのですが・・
栄養と運動に比べ、睡眠の質は自分ではなかなかコントロールできませんsign01

特に睡眠時無呼吸症候群の人は、自分でも自覚が無い事が多く・・・
自覚しないまま、高血圧や糖尿病などの原因になっている人が多くいます。

既に高血圧、糖尿病などの慢性疾患を持っている人は、是非、無呼吸の検査をthink
脳卒中、心筋梗塞を併発すると死に至る可能性が大きくなりますから・・・
睡眠を改善して健康寿命を延ばすために、一度検査をしてみて下さいsign03



                  <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科、
インプラント
歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

(山下ブログ)レントゲン

歯医者で「レントゲンを撮りましょう」と言われたことがあるでしょうか?

歯科治療をするにあたって歯の内部や歯と歯の間、根の先など見えない場所を診断するために
レントゲンを撮らなければいけない場面は多いです。

歯科で撮るレントゲンには代表的なものにいわゆる「デンタル」「パントモ」があります。

正式名称や詳しい内容は省きますが、
「デンタル」とはお口の中にフィルムやセンサーを入れて撮るレントゲン、
「パントモ」とは頭の周りを機械が回って撮るレントゲンと思ってもらえればわかりやすいと思います。

「パントモ」はすべての歯や顎関節、上顎洞も写るため全体的に検査するのに役立ちますし、
口の中にフィルムやセンサーを入れないので不快感が少ないです。
しかし、歯以外の例えば首の骨なども写りこむので見えにくいこともあります。

「デンタル」はフィルムやセンサーを口の中に入れるので嘔吐反射がある人などにはかなり不快なこともありますが、
不要な部分が写りこみにくいため診断がしやすいことが多いです。

当院ももちろんそうですが、どちらも最近はレントゲンはデジタルになっているため、撮影してすぐ見ることができますし、
被ばく量もフィルムの時より少なくなっています。

患者様が知っていてどうなるという知識でもありませんが、よく受ける検査について説明してみました。


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!


1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年6月 »

このページのトップへ