月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2017年7月

深江歯科クリニックBLOG 2017年7月

インプラントの恐怖ばかりを煽るマスコミ!

 先週の連休中、国 際インプラント学会(ICOI)に参加してきましたsign01
2001年、2002年にドイツでairplaneICOIの指導医の試験と講習を受けてから、15年が経ち・・・
インプラント周囲の環境は、様変わりdash!です。

今回の学会では、新しいテクニックや器械などの紹介に留まらず・・・
インプラントの失敗やトラブルbombについての発表が多く・・・!

近年、テレビや雑誌bookでインプラントのトラブルが盛んに取り上げられ・・・
歯科医の腕の未熟さや、守銭奴のような姿sweat02が浮き彫りにされるにつれ・・・
増え続けてきた日本のインプラント数は、減少へdownwardrightと転じています。

大学でインプラント教育や倫理教育をしてこなかった事も原因ですが・・・
最後は人間性ですsign01

大学でのインプラント教育は、まだスタートしたばかり!
国家試験の合格率を上げるupwardright教育ばかりで、医学倫理や道徳の時間はdown

ちょっと前まで「インプラントは保険治療じゃないんだから大学で教育する必要なしsign01」・・
なんて、バカなことを言うwobblyお偉いさんがいたりして・・・
日本は歯科も医科も、体質が古すぎますthink

僕が始めた頃は、まだ日本でやってる人が、殆ど居なくて・・・
インプラント教育が出来るほどの、経験がある先生はいませんでしたが・・
今は、いくらでも優秀なflair先生がいます。

昔は、仕方なく何度も海外へ行きairplane・・・アメリカ、ドイツ、スウェーデンで教えてもらい・・
「日本は、インプラント後進国sweat02だなーcoldsweats02!」と思いながら帰ってきたものです。

でも海外に行ってまで勉強する歯科医は、ほんの一部で・・・
殆どは、インプラントメーカーの人間に教わって、オペをしてたんですから・・・恐ろしいshock
模型上で2~3度練習をし、器械の操作を覚えたら、直ぐに人のオペをしてた先生が多く・・
考えると・・・本当にゾッとしますcoldsweats02

いつ人為的な事故が起きても、おかしくない状況だったわけで・・・
 マスコミに叩かれても仕方がないな!とは、思いますthink

ただ全ての歯科医が、そんなにいい加減なわけじゃないという事を・・・
きちんと真面目に勉強し、真摯に取り組んでるshine歯科医も大勢いいるという事を分かって下さいconfident



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!


(山下ブログ)なぜ歯医者は予約制なのか?!

当院は診療に際して予約制をとっています。
当院に限らず多くの歯科が今予約制だと思います。
内科や皮膚科、眼科などの病院がほとんど予約制でない中、なぜ歯科だけが予約制なのか疑問に感じられている方も
多いでしょう。
今日はそんな疑問に答えられるよう、なぜ予約制なのかを説明したいと思います。


一言でいえば、「一人の治療に20~30分はかかってしまうから」です。
多くの医科の病院では一人当たりにかかる時間はそんなに長くないと思います。
なので予約制でなくても問題ないのですが、歯科で予約制をとらないと、
とんでもなく待たなければいけなかったり一人の治療に十分な時間を割けなかったりすることになります。


また、予約制なのに時間通りに診療が始められないこともあるかもしれません
それは大変申し訳ないことですし、予約制をとっている以上我々としても避けたい事態です。
しかし歯科は外科的な治療なので、症状によっては予想以上に時間がかかってしまうこともあります。
膿(うみ)がたまって麻酔が効きにくい、痛みがひどくてすぐに治療に入れない、急患が入る、
患者様が遅れてきた……などがあると、時間をオーバーしてしまうこともあるのです。

予約の枠を抑えていただいている患者様に不利益がないよう、我々としては努力しているところです。
しかし予約時間をオーバーして来院されるとどうしても次の予約の患者様に迷惑をおかけすることが多いです。
お待たせするかもしれないのにこのようなことを書くのもはばかられますが、
極力予約時間までに来院していただくようお願いいたします。


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!


こんな時、沈着冷静でいられますか?!

深江歯科は、インプラント、水平埋伏智歯、嚢胞摘出など小手術が多く・・・
毎日、血を見ない日はありませんconfidentが・・・(ホラーな書き出しsweat01

新しい衛生士が就職してくると・・深江歯科での最初の関門が・・
新人がオペに付くと・・必ず青くなったり、気が遠くなったりshock・・・
極度の緊張状態の中で、初めて大量の出血を見て、気が遠くなり・・途中で倒れるdown事も!

考えてみれば、口の中の大量出血は・・気持ちが悪いsweat02
でも1ヶ月もすると、ベテラン同様に平気な顔で仕事を・・・慣れるもんですねーcoldsweats01

僕自身も手術中の事をよーく考えると・・血液を、血だ~!なんて思う事はあまりありません。
血液は、あくまで血液!・・出血の量や出方、色は見てますが・・
そこに余計な感情は入っていませんconfident!!

でも、僕にも1度だけ「血だー!」と思った瞬間が・・強烈な映像で脳裏shockに残っています。
それは、35年前・・・まだ僕が研修生状態chickの頃・・・
就職先の先輩医師のアシスタントをしてる最中の話ですが・・・

先輩は僕に教えながら、歯茎の切開をしていました。
その時、プシューと先輩医師の額に噴水のようにbearing・・患者様の血液が・・
どうやら動脈を切ったようでcoldsweats02・・・一瞬で先輩の顔は、血で真っ赤に染まってしまいました。

僕は今まで見たこともない大量出血を目の前に・・気が動転coldsweats02
どうしていいやら・・うろうろするだけでsweat01・・・!
この後の先輩の行動で見て、正気に戻り・・・大きな教訓flairを学びました。

先輩医師は指でしっかり傷口を押さえgoodスタッフに止血剤や縫合の準備を的確に指示sign01
10分ほど押さえて血が止まったところで、縫合してました。

この時、慌てふためいてた僕にとっては、まさにこの時の血液は・・血液ではなく大量の血sign01
それに比べ、先輩医師はとても冷静thinkで、すぐに止血準備を指示してた訳ですから・・・
先輩にとっては、この時の血液は・・・あくまでも大量の血液!だったのでしょう。

後で、先輩に聞くと・・どういう状況だったか詳しく教えてくれましたが・・・
最後に、「さすがに、俺も焦ったよsweat01なー!深江!」と言ってました。
冷静に見えましたが、内心はハラハラしてたのでしょうかsign02

術者の心得として・・「何かが起きてから、考えたのでは遅い!」という事でしょう。
オペをやる時には、最悪の事態とその解決策も準備しておく事sign01
大きな教訓を学んだ瞬間でしたconfident

今僕は、頭の中に幾つものシュミレーションやハプニングを想定flairして、オペに入ります。
ですから何かあっても、解決策は予習済み!で・・途中で迷わないのでからオペが速い!
速く終われば、患者様は楽!という事ですhappy01

教科書通りのオペなんて1つもありませんから・・・
金曜から3日間、国際インプラント学会に出席airplaneのためお休みさせて頂きます。
留守中は、山下先生が診療してますので、よろしくお願い致します。



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!


(山下ブログ)お知らせ

今週は東京での学会に出席するため、院長は14日(金)15日(土)不在となります。
普段院長は木曜は不在ですが、13日(木)は診療いたします。

また、おかげさまで多くの予約をいただいており、現在先の方でしか予約が取れない状況です。
強い痛みなどでどうしても診療が必要な場合は、ご予約の患者様の間での応急処置となりますのでご了承ください。


また、近日ホームページをリニューアル予定です。
このようなお知らせも別の枠で見やすくわかりやすくなる予定ですのでよろしくお願いします。

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



我が故郷の水害!

大変な雨でしたね!
特に朝倉市は、日に日に被害が大きくなっていて・・・
自分が生まれ育った故郷ですから、心が痛みます。

母と妹の安否は確認できて、ホッとしてるのですが・・・
たくさんの友人が住んでますから、被害状況をテレビで観るたびに心配になります。

この地方での水害としては、昭和28年の西日本水害が知られていますが・・・
この時は今回と同量の1日に500~600mmの雨が降って、筑後川が氾濫したそうです。

子供の頃に、父親からよく話を聞き、鮮明に覚えています。
6月の梅雨の時期で、5日間ぐらい降り続いて、あちこちで堤防が決壊したそうで・・・
浮羽、朝倉から小郡あたりまで一面、海のようだったと聞きました。

当時は、まだまだ自然が豊かで小動物も多かったようで・・・
木や電信柱などには、水から逃げてきた蛇が、びっしりとよじ登ったり・・・
家の壁にはヤモリやトカゲが張り付き、ネズミはいっせいに高い所へ移動して・・・

蛇嫌いの父は、本当に気持ちが悪かった!とよく話してくれました。

下水設備がない時代ですから、トイレはくみ取り式・・所謂ぽったん便所で・・
水が引いた後・・酷い悪臭だったと聞きました。

そんな時代と比べれば、ある程度下水管も普及し、川の護岸工事もやってあったはずですが・・・
今回も被害が大きいのは、地形的に不利な条件の地域で・・・
64年前と同じような地域での被害が大きかったようです。

ちょっと調べてみたところ西日本水害では、福岡だけで200人以上の人が亡くなっていて・・・
九州全体では、1000人以上の尊い命が奪われたようです。

今回も、分かっただけでも、すでに15人以上の人が亡くなってしまいました。
犠牲になった方々には、心からご冥福をお祈り申し上げます。

これから復旧が大変ですが、僕も出来る事をやっていきたいと思います。
人類は科学技術に驕らず、自然との係わり方を謙虚に考え直す時がきてるのかも・・・?!



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ)トンネリング

以前からよくブログに取りあげているレジン(プラスチック)治療ですが、
僕が感じている一番の利点は「削る量が少ない」という点です。

銀歯やセラミックでは型を取って上から入れるという治療の特性上、
どうしても健康な部分まで削らなければいけません。

その点レジン治療ではやわらかい状態のレジンを詰めた後に固めるので、
健康な部分の切削を最小限にすることができます。

HB13235_170619165143(調整後).jpg

例えば上の写真の症例です。
術前の写真はなく虫歯除去後の写真ですが、これは左下の奥から2番目の歯です。
この画像で上に見える奥歯との間にも虫歯ができていました。
意図したのではなく、虫歯の部分だけを削っていった結果、このようなトンネル状になりました。
この方はレジンで治療を行ったのでこれ以上削らず詰めていきました。

HB13235_170619171351(調整後).jpg

ただしこれを銀歯やセラミックで治療しようとすると

InkedHB13235_170619165143(調整後)_LI.jpg

赤で囲った部分の健康な歯も削る必要が出てきます。
このように、必要最低限の切削で治療できるのがレジン治療の魅力だと感じています。

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!





1

« 2017年6月 | メインページ | アーカイブ | 2017年8月 »

このページのトップへ