月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2017年5月

深江歯科クリニックBLOG 2017年5月

(山下ブログ)歯周病とアルツハイマー病

先日、健康系のテレビを見ていたら、脳外科の先生が
夜間に脳梗塞などで運び込まれてくる人は歯周病がひどい人が多い
という話をされていました。

タイトルのアルツハイマー病ですが、
歯周病はアルツハイマー病の一因か?
という記事があがっていました。
まだ実験段階だそうですが、関係がありそうな内容です。

僕も歯周病の説明の時によくお話ししますが、最近歯周病と全身的な病気との関係がよく話題に上ってきています。
歯周病の原因はお口の中にもともといる歯周病菌です。
歯周病になると出血しやすくなり、その歯周病菌が血管に入って全身に回ってしまうのです。

脳梗塞や心筋梗塞の梗塞部を調べると歯周病菌が検出されたという話もあります。

成人の8割がかかっているといわれている歯周病ですが、
普段から歯周病の対策をとっておくことが全身の健康にもつながっていくのです。

一番大事な対策は正しい歯磨きです。
歯磨きはちゃんとしてるよ~という人でもしっかり磨けていない人が多いのです。
歯医者さんで定期的に磨けているかのチェックと、ついてしまった歯石の除去をして
歯周病の予防をしましょう!!



博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



新規開業が大変な時代です!

今週末は、マリンメッセ福岡で九州デンタルショーが開催され・・九州中からbullettrain関係者がrvcar
年に一度ある、歯科業界のお祭りnotesみたいなものですねー!

年々新しくなる歯科業界の機械や材料が一斉に展示flair歯科業界の潮流を見る良い機会shineです。
しかし展示物を見る度に、思う事があります。

今の若い先生達は大変だなーcoldsweats01!といつも心の中で呟きます。
僕が開業した頃は、決まったパターンの機械、器具しかありませんでしたから・・・
選びたくても、メーカーとランクが違うだけで、揃える器材は誰でも同じthinkでした。

今は違いますsign03
開業時お金さえあればdollar色んな機械が手に入り、近代的な設備の医院shineが出来上がります。
しかし、お金を掛け過ぎれば、経営が困難annoyになり・・・!
最近では、そういう素晴らしい設備の医院が、時々売りにsweat02出ています。

僕が開業した時代は、どんな先生でも開業すれば生活には困らない時代sunでしたから・・・
歯科医学だけを一生懸命book勉強しておけば、競争に負ける事はなかったのですが・・・

今、開業する先生達は、開業前に必ず歯科医院の経営学を学び・・・
開業場所のリサーチまでhospital専門業者にやってもらう先生が多いと聞いています。

例えば、僕はビルの2階で開業してますが・・・
今、業者が推薦するのは1階だけsunだそうで・・2階より上はダメrain!!らしい。
また極力初期投資額を圧縮downwardrightし、手持ちの運転資金は1年分が必要sweat01!という事でした。

そんな若い先生達に朗報が・・・sign01
今、歯科医師が全国に約10万人!・・・その約50%が50歳以上で、どんどん辞めていってます。
歯科医師は、緩やかな減少傾向downwardrightにあります。

ただ歯科医は減りつつあるものの・・・他業種同様で格差が広がっていますcoldsweats02
忙しい医院は益々忙しく、暇な医院は益々暇になっていて・・・2極化が・・・
そういう意味では、かえって厳しい時代になるのかもsign02

ただ患者様にとっては、良い方向へshine向ってる気がします。
今後は歯科医院の特徴がはっきりflairして、自分に合った医院noteが選び易くなり・・・
どこを選んだら良いのか分からないwobbly!なんてことは無くなるのでは・・・?!

深江歯科も、ますます努力dashして・・・
「近いから来ましたsweat02」なんて言われる歯科医院には、成りたくないですねconfident



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ)銀歯を入れるのは日本人だけ?!

Yahoo!ニュースに本当は怖い歯の治療…銀歯を入れるのは日本人だけ?という記事がでていました。

前にも書いたのですが、インターネットというのは怖いもので、正しい情報もあれば嘘も多くあります。
特に歯科に関しては顕著で、ごく少数の歯科医だけが主張しているような怪しい情報も
あたかもそれだけが真実のように書かれていることが多くあります。

ただ、それが本当か嘘かは専門家以外は判断できないので、大事なのは信頼できる歯科医と話して
説明してもらうことだと思います。
歯科ではいろんな考え方や治療法があるので、これが絶対正しいということはないですし、
刻々と変わっているので難しい問題ではあります。

さて冒頭に挙げた記事ですが、これに関しては普段僕も説明しているような内容でわかりやすく書かれていると思います。
記事のように銀歯には見た目の問題以外にも、経年的にいろんな問題が起きる可能性があります。

銀歯は保険適応なので、安価にいれることができます。
諸外国をみてもこんなに安く歯科治療を受けられる国はありません。
しかし記事にあるように様々なリスクがあるのも事実です。
治療をする際にはそのようなリスクを考慮に入れたうえで銀歯をいれるのか、またはセラミックやプラスチックなどを入れるのかを決めてもらえればと思います。

希望があればこんな治療も可能です!
jyutsuzen1.jpgのサムネイル画像HB7340_170510185949(調整後).jpgのサムネイル画像


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



(山下ブログ)銀歯を白くする流れ(奥歯の場合)

このブログでも頻繁に採り上げているダイレクトボンディングですが、
今回は小臼歯(前歯と奥歯の間の歯)の例をあげて大まかな流れを説明したいと思います。

まずは術前の状態です。

jyutsuzen1.jpg

この銀歯のやり替えを希望されたため、レジン(プラスチック)に置き換えていきます。
まずは麻酔を行い、銀歯を削って除去します。

Injyokyogo.jpg

銀歯を除去したところです。
今回は虫歯はあまりありませんでしたが、銀歯が劣化して隙間ができていたためセメントが黒く変色しています。

HB7340_170510183745(調整後).jpg

セメントや虫歯を除去した状態です。
ここからレジンを詰めていきます。

HB7340_170510185949(調整後).jpg

詰め終わったところです。
あとは研磨したり、定期的に調整したりして状態をみていきます。


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!


思ってるより怖い金属の腐食!

先週、被せる金属の害annoyについて書きましたが・・・
そもそも口の中というのは、湿度100%、弱酸性bombで金属が安定な状態でいられる環境ではありません。

皆さんご存知のように純金shineであれば、そんな悪条件の基でも安定goodしています。
とても優秀な材料で昔は良く使われ・・長い間、良好な結果flairが出てるんですが・・・
何しろ現代人には・・・色がcoldsweats02嫌われていますsign01

笑った時、金がキラッと光るのはちょっと・・?!という人が100%に近いcoldsweats01・・・
じゃー銀歯はどうなの?と言うと・・「まだ金より銀の方がup・・」と応える人が多いんです!

誰でも1本や2本は銀歯を持ってるので・・見慣れてる?!事が原因のようですconfident
実は、日本は世界一の銀歯消費国なんです。

だから、先進国の人間が日本へ来ると、あまりに多くの日本人が銀歯なのに驚くshock
日本のような先進国の人間が、まだ銀歯を使ってるのかsweat01?!と・・・

たぶん欧米、特にアメリカで生活した経験がある人は気が付いたと思いますが・・・
銀歯が見えるのは、ちょっと恥ずかしいweep・・どんなに美人でも残念sweat02!と言われちゃう!

今、世界的に銀歯が使われなくなってるのには、いくつか理由がありますが・・・
一番大きな理由は、色もですが金属による害bombなのです。

今まで分かってなかった害が、実は金属の腐食が原因だと分かり始め・・・
今まで不定愁訴としてかたずけられてた、体がだるい、アレルギー、掌や足裏にでる発疹などは・・
口腔内の金属が原因という事が、解明され始めました。

原因不明だった体の不調downが・・実は歯の治療に使用する金属が原因bombか?!となったとき・・・
今までは日本同様に、たくさん使ってたドイツや北欧はdanger直ぐに止めたんですが・・・
日本は未だに、保険治療の材料には銀歯が使われdown・・・
やっと補強材料のコアだけは、メタルフリーの材料が認められshine普及し始めました。

今まで補強材は、銀主体の合金だったので被せ物以上に腐食問題が深刻でした。

金属アレルギーも問題になってますが、銀歯を入れて直ぐ発症するのではなく・・・
銀歯が腐食する事によって、体に金属イオンが溜まりmist個人の許容範囲を超えるとwave・・・
金属アレルギーの症状typhoonが出始めます。

花粉症と同じで、口の中に使われてる金属が多いほど、アレルギーを発症annoyし易くなります。
アレルギーになった人の歯茎は、炎症おこしたり白くなったりして・・
歯磨きをすると出血し易くなったり、口内炎が治り難くなったり・・・

銀歯をそのままにしておくと、炎症が治まりませんsweat01から骨にも影響がでて・・・
最近では、歯周病 の大きな原因の一つだと言われています。

何より影響が口の中だけに留まらず、全身に炎症が広ることの方が恐ろしいshock
原因不明の不定愁訴を発症し・・原因が分からず病院を転々とする人が多いんですが・・・
そんな時、原因は口の中の金属かもしれないflair?!と思い出して下さいconfident



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


気になる口臭・・・原因は金属!

見た目に関する感受性は、本当に人それぞれでconfident・・・
多少汚れていても、古くても全く気にしない人もいれば、常に最新を求める人も・・・

そんな中、歯科医として仕事をしてきて、凄く疑問thinkに思ってきた事があります。
恐らく日本人特有の事だと思うのですが・・・

ブランドに身を固めた美人virgoでも、口の中には全く気を遣ってなかったりsweat02・・・
いかにもお金持ちの紳士なのに、銀歯だらけだったりsweat01・・・
外見と口の中のギャップが大きいsign01

僕は、中国やアメリカでも患者さんを診た経験がありますが・・・
外見と口腔内は、ほぼ一致しています。

一流ブランドで身を固め、オシャレに気を遣ってる人の口腔内が・・・
銀歯だらけという事は・・・まずありませんthink

アメリカでは口腔内環境を見ると、その人の学歴や所得水準が解るflairと言われていますが・・
日本では、この言葉は通用しませんdown

どんなに高学歴、高所得でも、口の中がボロボロの人やshock・・・
・・・笑うと銀歯が光る人coldsweats01は、幾らでもいます。
むしろ、社会的地位が高い人ほど口腔内が酷かったりします・・不思議ですthink

諸外国ほど、学歴や所得と口腔内環境の相関関係はなく・・ちょっと日本は特殊coldsweats01
ヨーロッパでは、30年前まで今の日本と似た傾向の国があって・・・
それは何故かドイツやスウェーデンなど、医療保険が完備した国です。

でも今は、使用する金属の害が問題になり、金属を治療に使わない・・メタルフリーに・・・!
先進諸国で未だに金属を使い続けてるのは、日本ぐらいですwobbly

そんな日本でも、最近やっと、銀歯は嫌だから白くしたい!という人がupwardright増えています。
銀歯は、見かけが悪いのは勿論ですが、腐食による口臭shock・・・
皆さん気付いてませんが、銀歯の数が多い人と話すと、結構臭いますsweat02
多くの人は気が付いてませんがcoldsweats02・・・!

年配者の中には「先生、孫に口が臭いって言われたweep!」と来院する人も多く・・・
金属を全て取り除くと、気持ちが良いhappy01と喜んでくれます。

若い人達にも、少しずつ白い歯に交換する人が増えていて・・・
金属が体に悪いという事実が、少しずつ世の中に浸透していってるようですhappy01



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


 

歯科医療もAI、ロボットの時代になるのか?

現在、人間がやってる仕事の30%が、将来ロボットに代わるそうですねconfident
日本に限れば、なんと55%が、ロボットに代わるdash事ができるようです。

今、日本では将来の人手不足downが心配されてますが・・・
55%もの業務がロボットに変換可能なら・・人手不足の心配はいりませんねーhappy01
これからは、人間は人間にしかできない分野flairで働くことに・・・!

医療分野も30%が変換できるそうで・・面倒な事をロボットにやって貰えれば、楽notesになりますsign01

歯科医療でも少しずつ影響annoyが出てるのが・・技工分野じゃないでしょうか?!
デジタルで歯型を取りさえすれば・・自動的に3Dプリンターで被せ物が・・・
しかも個人の歯の色をデジタル解析pcして、患者様の歯そっくりの人工歯ができ・・
直ぐに、入れて帰るsign01

実際、こういうシステムは既にあります!が・・・まだまだ腕が良い技工士shineに敵いません。
僕にとって仕事ができる技工士は、人生の相棒みたいなもので・・・
・・仕事上のパートナーですねconfident!!

腕が良い技工士に出会えるかどうかで、歯科医人生が大きく左右されますsign01
患者様に腕がいいと言って貰えるのも、半分以上は相棒の技工士さんgoodのお陰です。

ただ残念ながら将来的には、特殊分野の技工士さん以外はロボットに変換sweat02が・・・
でも歯科医自身は、人工知能やロボットへの変換が難しいようです。

確かに、治療自体が置き換わって・・ロボットの歯医者!はありませんねsmile・・・
しかし2050年ぐらいまでには、再生医療や薬品の基礎研究が進んで・・根本的な治療形態の変化shineが・・
きっと今のような、削っては詰めたり被せたりsweat01する歯科治療ではなくなります。

残念ながら、歯科治療は過去50年間、殆ど変わっていません。
器械は新しくなってますが、やってる治療は削ったり詰めたりdownで・・・
将来的には、そんな治療は無くなり・・もっと科学的な治療になっていくでしょうsign01

もっと簡単で、痛みと恐怖感が無い歯科治療が・・・30年後にはきっと実現しています。
その頃には、キィーンという嫌な音も無くdeliciousnotes・・・
治療で冷や汗をかく事もなくなりますよ、きっとhappy01!!



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


1

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

このページのトップへ