月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2016年12月

深江歯科クリニックBLOG 2016年12月

歯ぎしりで、起こる弊害!

先週のブログの続きですが・・・
一般的に、歯科医が歯ぎしりという場合、グラインディング、クレンチング、タッピングの総称です。

皆さんが連想する歯ぎしりは、ギリギリannoyと音がするグラインディングの事ですが・・・
実際には、音がしないnotesクレンチング(食い縛り)をする人が圧倒的に多いんです。

いびき同様、周囲からは嫌がられるdown歯ぎしりですが・・・
人間は、これにより昼間のストレスを解消shineしてるという一面があり・・やめることは出来ませんsign01

ただ歯ぎしりによる健康上の弊害dangerが、いくつもあるので・・・
その弊害だけを除く事ができれば、それが最良の治療法flairという事ができます。

弊害とはどんなものか?
患者様は歯ぎしりの害を、過小評価していてthink・・通常は害なんて考えていませんsign01
歯ぎしりは歯科領域の病気にとっては、本当に厄介bombなんです。

人間が歯ぎしりをしてる時、起きてる時に噛む力の5~10倍dashもの力で噛んでて・・・
その異常な力によって、一番弱い部分downに弊害が現れてきます。
起きてる時に、噛もうとしても・・・不可能!なくらい大きな力annoyです。

こういう力を定期的、持続的に受け続けるdashことで・・・
関節が弱い人は顎関節症に、歯が弱い人は歯の破折、歯周組織が弱ければ歯周病を助長する事に・・!
その他にも歯根破折、頭痛、肩こりなどが・・・
そして何より歯科医泣かせsweat02なのが・・・セラミックが欠ける事crying

セラミックは硬くて食事の力ぐらいでは、欠ける事はありませんが・・・
異常な力が繰り返し加わると、疲労downを起こし・・・たまたま食べてる時にパチンannoyと欠けるんです。

食べてる時に割れるから、患者様は普通の物を食べたくらいで欠けたpout!と腹を立てることに・・・
本当の原因は、歯ぎしりなんですがcoldsweats01・・・!

そんな事がないように、就寝時のマウスピース装着を勧めるのですが・・・
「私は、歯ぎしりをしませんsign01」と、着けたがらない人が多いsweat01のが・・歯科医の悩みwobbly
実は音がしないだけで、社会人の80%以上がやってますsign03

歯ぎしりに負けないように、最近ではセラミックの代わりにジルコニアを使っています。
セラミックより強く硬いためup欠けたり割れたりはしませんし・・・
色もセラミックより自然で綺麗shineな材料です。

とても強く精度が良い材料なので、かなり薄く作ることが可能で・・・
歯を削る量も少なくdownセラミックの半分以下で済みます。
これにより神経を取らずに済むgoodことが多くなりました。

ただし被せ物が強くなると欠けたりしませんが・・今度は別の場所に弊害が起き易くcoldsweats02・・・
結局、マウスピースは必要sign01という事ですねhappy01


皆さん、今年1年色々とお世話になり、ありがとうございました。
これが、今年最後のブログになります。
1年間ありがとうございました。良いお年をお迎えください。
(29日~4日まで休診です。ご迷惑をお掛けします!)



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(お知らせ)年末年始の診療に関して

今年もあと10日程となりました。

年末に関しましては28日(水)13:30までの診療とさせていただきます。
また、年始は5日(木)9:00からの診療となります。

おかげさまで深江歯科クリニックでは年末年始もかなりのご予約をいただいております。
直近の予約の場合、ご希望のお日にちでは承れない場合が多くなっておりますので、
お早目のご予約をお願いします。



博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!





診断に納得できなければ・・・セカンドオピニオン!

近頃、変わったなーwobblyと思う事が・・・!?
TVやネットで医療の情報が溢れるdashにつれ・・・患者様との関係が大きく変わりつつあります。
治療を受ける側が、豊富な知識を持つことはとても良い事shine
しかしそこには落とし穴newmoonが・・・!

巷には、正しい情報も間違った情報も溢れ返っていて・・・
一部の情報を鵜呑みにすることは、とても危険sign01
ですが面白い事に・・・なぜか人間はテレビやネットの情報は正しいflairと思ってしまうようです。

最近、最も多いのは自分は癌じゃないかshock?との問い合わせの受診!
でもこれは、皆さんの検診のきっかけになったり、口腔内への関心を持ってもらったり・・・
ある意味、良い事shineではないかと思います。

問題は、知識を基に自分で診断をしたり、間違った知識を信じ込んでる患者様で・・・
患者様の診断が正しければ、「そうですね。そうしましょうねup!」となりますが・・・
違った時に・・・なかなか納得してもらえない事がよくありますdown

僕は医者と患者の関係には、お互いの信頼関係が不可欠だと思っていてthink・・・
「自分を信じてくれる患者様の要求に、全力で応えたい!」と思っています。

それは、どこの歯科医も同じだと思いますが・・・
最近の傾向として、なかなか頑固で聞く耳を持たない患者様が多いのが悩みdespair

そんな時、以前は殆ど自分の診断で治療を進め、自分の診断が正しい事を証明してましたが・・・
現在ではそういう患者様には、セカンドオピニオンを勧める事が多くなりました。
昔と違って、山ほど歯科医がいて・・・以前のように困る事はありません!

信頼関係がないのに、治療を進めるのは・・・お互いにとって不幸downじゃないかと!

実は治療の中で、50%近くの人がなかなか分かってくれない診断が・・・!
それは、歯ぎしり食い縛りsign01

就寝時80%以上の人が、何らかの形でやってると言われてるにも係わらず・・・
殆どの人に自覚がなく、自覚してるのはパートナーに注意されてる人だけcoldsweats02
50%の人は、「私は、やっていないconfident!」と答えます。

歯ぎしり、食い縛りが原因の障害が多いので・・・残念ですcoldsweats01
これについても納得がいかなければ、セカンドオピニオンを聞く事をお勧めしますhappy01
(歯ぎしりについて、詳しい事はまた後日!)



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ)歯科医師冥利

先日、前歯の隙間(正中離開)が長年気になっているという方のダイレクトボンディング(プラスチック治療)をしました。

術後の写真はまだ撮っていないので画像はありませんが、とても満足していただけました。

「長年のコンプレックスだったのがきれいになって嬉しい」
「周りの人にも自然で気付かなかったと言われた」

と言ってもらえてこちらとしてもとても嬉しい限りでした。
その場で結果が出て喜んでもらえるのがダイレクトボンディングの醍醐味だと思っています。

治療が終わった時に鏡を見てもらって「すごーい」と言われた時が一番うれしいですね!

以前から書いていますが、正中離開(すきっ歯)で虫歯がない場合、全く自分の歯を削らずに治療ができます。
お金も時間も考えなければ最善は矯正治療かもしれませんが、
ダイレクトボンディングでは保険適応外ですが費用はずっと安く、少ない回数で改善できるのが利点です。

僕にできる限りのことをしていますが、適応にならないこともあるので費用も含め気になる方は
是非一度ご相談ください!

ちなみにもちろん奥歯のダイレクトボンディングも行っています。
奥歯といえども下の歯は口を開けた時に見えることが多いので喜んでもらえています!

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!








 

歯周病菌は、血管を使って全身へ・・・!

皆さんは、NHKの「ためしてガッテン!」という番組はご存知ですかsign02
先週、歯周病 全身疾患の関係を、とても分かり易く解説してました。

昔から、その関係性が疑われてましたが・・・
誰もが半信半疑で・・・歯科医でさえ、そんことがあるはずがないthink!と言い切る人達も多かったんです。
実は、僕もこのブログを始めた数年前までは、そんな中の1人でしたcoldsweats02

しかし、色んな文献に接したり、専門家の話を聞くにつれ、考えが変わっていきflair・・・
最近の研究で、歯周病菌と全身疾患の関係がはっきりしましたsign01

心筋梗塞、脳梗塞、癌、動脈瘤などの患者様の病巣を組織検査した結果・・・
どの病変組織からも、体の中に居るはずがない歯周病菌が次々に検出されたんです。

歯周病菌は嫌気性菌と言って、空気が有る場所sunでは生きていけませんdown
ですから、歯周ポケットという歯と歯茎の間にある隠れ家newmoonで、ひっそり生きています。

でも、自分の外敵が減ったりdown、餌が豊富にあるupと爆発的に増え始め・・・
周囲の組織、中でも歯槽骨を破壊annoyし、自分の居場所を拡大していきます

そして歯がグラグラし始めたころには、周りの毛細血管に菌が侵入しdash全身へと運ばれ・・・
全身の色んな場所で病気の原因に・・免疫力が落ちるsweat01と病変を進行、発症するというわけです。

実は、この歯周病菌は酸素は大嫌いsadなのですが、鉄分が大好きsmileで・・・
血管内は、酸素も鉄分も豊富ですが、歯周病菌は血小板の中に入り込んで全身をめぐります。

おまけに赤血球や血小板でを作る能力があり、容易に血栓を作ることができますから・・・
歯周病 を長く放置すると、体のあちこちの血管内に血栓が発生することになります。
血管が走ってる場所ならrun何処へでも行ってしまうわけです。

歯周病菌の恐ろしさは、これだけに留まらず・・・
実は、認知症の患者様の脳からも、歯周病菌が検出されていて・・・
近年、認知症と歯周病の関係が疑われ始めましたshock

怖いですねーcoldsweats02

そうなってくると、我々は8020運動などで歯の大切さの啓蒙運動をやってますが・・・
中には、長生きのためには歯周病 の歯がたくさん残ってるより、歯が無い方が!と言う人までsweat02・・・

いずれにしても、「良く歯を磨いて、タバコを吸わず、酒も控えめに!」が最も簡単な予防法ですhappy01




           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


1

« 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ