月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2016年7月

深江歯科クリニックBLOG 2016年7月

奥歯には危険な金属、前歯に金を入れてた昔!

先々週は、アマルガムの危険性bombについて書きましたが・・・
その他にも、歯科医として使わない方が良いのではsweat01?!と思える材料は、いくつかあります。

まず一番に頭に浮かぶのは・・・金属
歯科では多くの金属を使いますが、その多くが口腔内で腐食downします。
入れて2~3年経つと・・・内側は真っ黒bombに錆びていますshock

毎日、そんな光景をeye見るたびに・・・本当にこれで良いのかとthink?!

正直なところ、殆どの歯科医は、健康保険の材料だからsweat01使ってるだけで・・・
本当に良い材料だsign02なんて思って使ってる歯科医は・・・あまりいませんcoldsweats01

その証拠に、自分の家族に保険の金属を使う歯科医には、会ったことがありませんthink
金や白金、プラチナなどの貴金属や、セラミック、ジルコニアなどが使われてるようですsign01

つまり自分の家族には、使わないような金属を、患者様に使ってるsweat02わけで・・・
治療をしながら矛盾coldsweats02を感じ、心を痛めてるweep先生は多いはずです。

保険の歯科用金属は、主成分が銀(50%)なので・・・
口の中の環境(湿度100%、酸性)に耐えられるような金属ではありませんdown

最近では、アトピーその他のアレルギー増加upwardrightにも関係してるのでは?という先生まで・・・!
これらの金属イオンの影響で、遺伝子が傷つきbomb・・子や孫に影響が出てるannoyのでは?と・・・!

勿論、もっと金やプラチナ、白金などが多く含む金属もありますが、高価で保険外ですsign03
今でも、歯科用で最高の金属は・・・shinesign01

金は精度が良くsign01腐食もせずsign01硬さの自由度も高いsign01
最高の金属shineupですが・・なぜか色が嫌われるsweat01down
昔は、よく金歯の人を見かけましたが・・・今では絶滅寸前annoy

代わって多くなってるのが、ジルコニアflairです!
精度よし、腐食せず、色も歯と同じup・・欠点は、作るのが難しく丈夫だけど硬すぎるdownこと!
こちらも金やプラチナ同様・・・保険が効きませんsign01

金といえば、忘れられない想い出話deliciousが・・・
35年前、まだ僕が青年歯科医師shineの頃・・・多くの人が奥歯に金を入れてる時代の話です。

60歳前後の男性が、「先生、前歯6本を綺麗にしてくれhappy01!」と・・・
僕が「じゃー、他の歯の色に合わせましょうねsign02」と言うと・・・
「先生、ダメだよ!を入れてくれsmile!」と・・・もうビックリcoldsweats01sweat01!!

セラミックの方がいいですよと説得しましたが・・なかなか譲ってくれずcoldsweats02・・・
彼が、「じゃー先生、右から金、瀬戸、金、瀬戸、金、瀬戸にしてくれsmile!」と・・・
(瀬戸とは、瀬戸物でセラミックの事らしく・・・)

結局、どうしても金が入れたいと言うので・・・
「瀬戸、金、瀬戸、瀬戸、金、瀬戸sweat02」で納得してもらいましたcoldsweats01
1度っきりの、貴重な?!珍しい経験ですhappy01



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ)歯磨きってすごく難しいんです!

歯医者さんに行くと「しっかり磨いてください!」と言われることがあります。

そこで「ちゃんと磨いてるのに・・・」と思う方も多いでしょう。

でも、しっかりと磨くということはとても難しく、磨いたつもりでも磨けていないことが多いです。


健康な方よりも歯周病が進んで歯茎が下がっていたり、歯並びの悪い方の方が難易度は上がり、
虫歯や歯周病が悪化してしまうという悪循環になってしまいます。

最近はデンタルリンス(うがい用)が増えてきてそれだけで済ませてしまう方もいるようですが、
デンタルリンスはあくまで補助的役割です

歯に付いたプラーク(細菌を含む磨き残し)は歯磨きで物理的に取らないと落とせません!

せっかく虫歯を小さく削って治したり、再発しにくいようにセラミックで治したりしても、
歯磨きがしっかりできていないと残った歯の部分からまた虫歯になってしまいますし、
歯周病になって歯の土台から崩れてしまう事になります。

なので正しい知識を持ってしっかりと磨くことが必要になってきます。

ライオンのホームページが分かり易かったので載せておきます。
http://clinica.lion.co.jp/oralcare/hamigaki.htm

とはいえ、正しい知識を持って磨いていても、その人によって歯並びや歯の形は違うので、
本当に磨けているかはわかりません。

定期的に歯医者に通って、歯石や取り切れていない汚れを取ると同時に(歯石は歯磨きでは取れません)
磨けていない部分を聞いて改善していくことが大事です!

定期健診の度に指導はさせてもらっていますが、気になる方は是非お気軽にお尋ねください!


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



一刻も早くアマルガムは除去しましょう!

ここ2~3週間、金属に関する問い合わせがtelephone・・・
「私の口に、アマルガムがあるか診て下さいsweat01」と来院したかと思うと・・・
「昔、先生の医院で治療したんですが、アマルガムは使ってますかsign02」なんて電話がmobilephone・・・

おそらくテレビか雑誌で、アマルガム治療を取り上げたんだと思いますthink
もちろん、深江歯科では開業時から、アマルガムを使った事はありませんconfidentsign03

アマルガムというのは、銀,スズ、銅、亜鉛の粉に水銀を混ぜ合わせると粘土みたいになり・・・
操作性がいいのと安価なため、世界中で爆発的annoyに普及した歯科用充填物です。

最初に使われ始めたのは、1800年初頭のフランスで・・・
その後、つい最近まで200年にわたって世界中で大量に使われてきましたsign01

その毒性bombについては、1850年頃から問題にmemoなっていましたが・・・
安くて使いやすい為、欧米でも日本でも推奨する団体の言いなりにshadow使い続けました。
いつの時代も、利権dollarがらみの不正が・・・sign01

しかし、さすがにイギリスとスウェーデンでは1990年頃には使用禁止dangerになりましたが・・・
日本では、皆保険制度が足かせとなり、安いアマルガムは使い続けられsoon・・・
(貧しい国の安い材料だったはずが・・豊かになっても・・・)
やっと、今年4月から保険点数から除外noteされましたsign03

僕自身、学生時代(40年前)にアマルガムの実習をし、きちんとした材料shineとして教わりました。
でもその事に疑問を持ち始めたのは、卒後5年経ってアメリカに留学bookした時で・・・
1985年、ちょうどアメリカでは、アマルガムの危険性bombが問題にtvなり始めていました。

まだ日本では、ほんの一部の歯科医師だけが気付き始めてた頃でした。
日本には、水銀が原因の水俣病があったのに・・・もっと早く気付くべきでしたthink
あれから30年、やっと日本でもマスコミが報道tvbookするように・・・

アマルガムが医療保険から外された時期と、マスコミが報道するようになった時期が重なるshock・・・
これは、偶然なんでしょうかthink??

僕は開業して以来、アマルガムの危険性を患者様に伝え・・・
多くのアマルガムを除去してきましたが・・・
残念ながら、素直に聞き入れてくれない人も多くいましたsign01

歯科医に対しての不信感catfaceの表れだと思います。
僕に対しての不信感sign02とは思いたくないsweat01のですが・・・coldsweats01
いずれにしろ、体に悪いと分かっていながら、使い続けた世界中の歯科医の罪は重いthinksign03




           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ)詰め物も縁が合っていないと・・・

僕がいつもブログに書いているダイレクトボンディングはお口の中で形を作る分、
一回で治療を終える事ができますが、治療する先生の腕によって全く形や適合が変わってきます

今回の症例は以前治療された先生が何とか小さく削って治療しようとしたのだろうと思われますが・・・

HB13102_160705101910(調整後).jpgのサムネイル画像

左上の奥歯ですが、表と手前の歯との間にプラスチックが詰めてあります
ただ、歯茎との境目が段差になってしまっているため、そこに黒い歯石が見えています
この部分は非常に詰めるのが難しいです

このままだと歯石のせいで歯周病になってしまいますし、虫歯にもなりやすいのでやり替えることにしました

プラスチックを削って外してみると、幸いあまり虫歯にはなっていませんでしたが、
やはり黒い歯石がこびりついていました
(歯茎の下の歯石は黒っぽい色をしていることが多いです)

そして今度は段差になってしまわないように慎重に詰めていくと・・・

HB13102_160708104643(調整後).jpg

このようになりました!

大きな問題が起こる前に治療出来て良かったと思います

この患者さん、このブログを見てくださっているそうなので今回わざとブログに取りあげてみました!(笑)

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!

 


10年もつインプラント、50年もつインプラント、どっちがベスト?

最近、年配の男性でインプラント を希望する患者様がupwardright増えています。
今日も、87歳の男性がインプラントオペを受け、今帰っていきましたbusが・・・
年配者ですから、どの患者様も多少の持病bombを持っています。

20年前までは、心臓の持病や糖尿の患者様には、インプラント出来ませんdangerでした。
でも近年、技術と商品の改良shine、機材の充実flairで、オペが簡単に短時間でできるように・・・
ですから、術後の痛みも殆どなくなり・・・
患者様も歯科医も、本当に楽になりましたsign01

今日の患者様は、前歯が動いて食べられないcoldsweats02と来院!
通常、歯を抜いて傷が治ってsunからインプラント をするのですが・・・

高齢の患者様では、「何度も痛い思いはしたくないsign01」「早くしてsign01」という人が多く・・・
今日は、抜歯即時埋入という方法で、抜歯と同時にインプラントオペをしました。

一昔前まで、こんな事は出来なかったのですが、今は当たり前にconfident・・・!

基本的には、インプラント 歯根にあたる部分を骨に埋め込み、3~6ヵ月待って・・・
骨と十分にくっついてから、歯冠にあたる部分を作って完成・・・
これが、最も安全な方法ですが・・場合によっては直ぐ被せる事もあります。

少し前までは、術後に直ぐ被せて噛むのは禁忌bombでしたが・・・
最近では、ケースによっては手術後、直ぐにnotes仮歯で噛んでもらいます。

僕は、患者様の年齢や骨の状況、持病の状態を加味、そして患者様の希望を聞いて判断!

例えば、20代の患者様と80代の患者様では、インプラント を使う年数が違います。
若い人は、20年や30年しか使えないのでは困りますdown
最低、50年sign03

一方で冷たいようですが、80歳の方にとって50年も必要ないthink
20年でいいから手術が楽で、直ぐ噛めた方がいいnoteにきまってます。
80歳にとっての3~6ヵ月は、20歳の3~6ヵ月とわけが違うsign01

30年前、僕の勤務医人生を変える出来事が・・・

ある60歳前後の患者様に、インプラント を頼まれました。
半年もてばいい!ただし手術をした日から噛めるようにしてくれ!」と言われ・・・
当時の技術では、あまりに無茶bombだったので、1度は断りましたcoldsweats02

後日、ご家族が来院され・・・
「実は、主人は癌です。余命半年と言われました。
本人は、美味しい物を食べて死にたいと言っていますので叶えてあげたい。」と・・・

ようやくその時、半年の意味が分かったのですが・・・
結局、インプラントオペをして好きな寿司を楽しんで、1年後に亡くなりました。

この時、「医者の満足より、患者の満足」という事を学びました。
それからは、個人の事情と希望を、治療方針に加味するようになりましたthink



           <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ)治療した歯も虫歯になることがあります!

歯科治療を長くやっていると、自分の中での「当たり前」が一般の患者さんと離れてきます

僕はよくYahoo!ニュースで歯科関連の記事を探して読むのですが、その中で驚いたのが
「一度治療して神経を取った歯はむし歯にならない」は勘違いだった!
という記事です
(一応リンクhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160625-00010001-dime-hlth

最近患者さんからも「え?治療した歯って虫歯になるんですか?」と聞かれて驚いたので
タイムリーな記事でした(^^;)

治療して入れたた銀などの金属やプラスチックなどはもちろん虫歯になったりはしません
しかし、その周りの自分自身の歯の部分は虫歯になります

また、記事にもあるように治療していれた人工物と歯の境目は虫歯になりやすいです
元々虫歯になるくらい汚れがとれにくいところなので尚更です

なので、大切なのは虫歯にならないように頑張って磨くこと、また磨けていない部分や
虫歯になりかけているところを定期的な検診で知る事です!

下の症例も銀で治療した周りの歯の部分から虫歯になっていました

HB12984_160615182310(調整後).jpg
上からはわかりませんが・・・

HB12984_160615182306(調整後).jpg
銀歯と歯の境目付近に虫歯が透けています!

銀歯を外してみると中はやはり大きな虫歯!

HB12984_160628173626(調整後).jpg

虫歯を丁寧にとって幸い神経もでなかったのでいつものダイレクトボンディング(プラスチック治療)を
行いました!

HB12984_160628181238(調整後).jpg

銀歯の中で進む虫歯など検診やレントゲン検査では発見できないこともありますが、
少しでも自分の歯を残すために定期的な検診をお勧めします!

博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!





1

« 2016年6月 | メインページ | アーカイブ | 2016年8月 »

このページのトップへ