月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2015年11月

深江歯科クリニックBLOG 2015年11月

親知らずって、何分で抜ける?!

毎日、遠くから親知らず抜歯だけに来院するbullettrain患者様が数名いるんですが・・・
皆さん、共通の質問は・・・「どれぐらいの時間が掛りますかcoldsweats02?!」
そして共通の要望は・・・「痛くないようにして下さいweep!」「素早く抜いてくださいcoldsweats01!」
気になる事は、皆同じですねーhappy01

親知らず抜歯は難易度upwardrightによって、掛る時間が全く違うので・・・
・・・患者様に、親知らずの状態を説明する時に、所要時間も告げるようにしていますsign01

毎日、水平埋伏智歯のような難抜歯を長年に渡ってやってると・・・
難易度によってどの程度の時間が掛るか?・・・自分なりの基準が出来上がります。

僕の場合・・・
1:まっすぐ生えてる親知らず・・・よほどの事が無い限り1~2分!
2:まっすぐに生えた歯でも、癒着や根肥大があれば・・・5分
3:斜めの水平埋伏歯で、一部が外に出てる場合・・・下顎は15分、上なら5~10分
4:殆ど骨の中に埋もれてて、神経に近い水平埋伏歯(CT撮影必要)・・・30分
5:30~60分の超難抜歯は・・・よほどの事が無い限りありません!

長年やってますが、90%はこのパターンに当てはまりますsign03
(これはあくまで、僕のタイムパターンです!)

4と5などは、大学病院では、2時間以上かかるsweat01難抜歯と位置づけられ・・・
全身麻酔下で、入院を前提とする抜歯になりますcoldsweats02

僕は、抜歯で全身麻酔をする事には反対で・・・抜歯にしてはリスクsweat02が大き過ぎます!
1時間以内の手術であれば、局所麻酔で十分・・・
大切なのは、それ以上に時間が掛らないよう準備shineをすることsign01

ところが先週、このパターンに当てはまらない珍しい難抜歯bombがありました。
レントゲン上では、のパターンに当てはまる上顎の親知らず(第3大臼歯)なのですが・・・

抜いてみたら思ったより小さく・・・think?ちょっとおかしいsign02
そこでもう1度、良~く探ってみたら・・・なんともう1本、第4大臼歯がありましたcoldsweats01sign01
(毎日、何本も親知らずを抜いてる僕でも、この30年で3人目の珍事bearingです!)

2本の歯がレントゲン上で重なって、1本にしか見えてなかったsweat01ので・・・
危うく取り残すところでしたsweat01!!
幸いいつもと違う事に気付きましたが・・・経験に助けられた感じですねーcoldsweats01

抜いた歯は珍しいので頂きましたhappy01!・・・ありがとうございます!!

                                       院長



              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ) 虫歯の再発に気を付けましょう!

ある程度進行した虫歯は自然治癒しません

なのでその部分を削って人工物で補うことになります

しかし、その部位は虫歯ができた場所・・・つまり汚れがたまりやすい部位なわけで

当然新たに虫歯になることもあります

補った人工物は虫歯になりませんが、その縁は虫歯の好発部位です

専門的に言うと「二次カリエス」というものです


銀歯や、接着がしっかりできていないセラミックと歯の隙間は二次カリエスになりやすくなっています

下の症例はそんな二次カリエス、もしくは虫歯が中に残ってしまっていたものだと考えられます

1.jpgのサムネイル画像

他院で作った白い詰め物が入っていますが、内部が黒くなっているのが透けて分かります

2.jpgのサムネイル画像

頬側からみると透けているのがよりわかりやすいです

3.jpgのサムネイル画像

詰め物を外してみると・・・内部は虫歯になっていました
この状態をみると・・・やはり虫歯の取り残しなのかもしれません。。。

4.jpgのサムネイル画像

取り残しが無いよう、虫歯を染める薬を使いながら虫歯をとって、
ダイレクトボンディング(プラスチック)で詰めなおし、しっかり接着して隙間がないようにました

5.jpgのサムネイル画像

頬側からも透けて見えなくなっています

再度虫歯にならないよう、詰め物などを作成しようと日々努力していますが、

白い詰め物を入れても自分の歯の部分はどうしても虫歯になってしまう可能性があります

歯と歯の間は特に虫歯になりやすく再発しやすいので、フロスや歯間ブラシなど補助器具を使って予防しましょう!!



博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


 

歯科治療は、早期に最良の治療選択を!

最近、歯科治療が少しずつ変わりつつ・・・sign01
その一つが出来るだけ歯を削らない!という考え方ですconfident

1本だけ歯が抜けた時、ブリッジ治療が歯科の常識flairで・・・直ぐに隣の歯を削ってannoyました!
でも・・・何ともない歯を削ると、元へ戻らないcoldsweats02のも歯科の常識で・・・
出来れば、健康な歯は削りたくないsweat01のが・・・本音ですsign01

そんな中、最近増えてるのが・・・1本だけインプラント を入れる治療法shine

この方法だと、健全歯を傷つけなくて済むgoodだけじゃなく・・・
インプラント が、100%抜けた歯の代わりをして・・・隣の歯に、負担が掛りませんhappy01

ブリッジでは、どうしても抜けてる歯の分も、両隣の歯に負担sweat01が掛り・・・
長年の負担で・・・健康な歯も弱ってしまいdown最後に抜く事に・・・sweat02

治療の方法は色々ですが・・・
僕がいつも考えてる事は、「人生において噛める時期を出来るだけ長~くすることsmile!」

患者様ごとに、どうすれば寿命の日まで美味しく食べてdelicious過ごせるか?!
その日まで、不自由なく自分の口から美味しい物restaurantを食べられたら・・・
・・・こんな幸せはないnotes!・・・・・と僕は思います。

そのためには、出来るだけ「軽症の時期から・・・正しい治療の選択をすることsign03

例えば、小さな虫歯の時に小さく綺麗に削って、精度が良い詰め物を丁寧に詰めれば・・・
何十年経っても、そのまま使えますsign01

そして一本だけ抜けた時には、一本だけ精度が良いインプラント をきちんと入れておけば・・・
何十年経っても、自分の歯としてshine使えますsign01
たった今、そんな患者様が15分ほどのインプラントオペを終えて帰っていきました。


「早期に、最良の手を打つ!」・・・これが最も賢い選択です。

もし不幸にも重症にsweat02なってしまったら・・・歯科医と相談しながら最良の治療を選択・・・
ただ
虫歯歯周病 も重症になってしまうと・・・削らないで治療というわけには・・・coldsweats02!!
最悪の場合、抜歯を考えないといけない事もcrying・・・そうなる前に・・・!

早く治療に行きましょうhappy01!!

                                                                                          院長


              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 



 げんげじゃげあああ

 


 


(山下ブログ)歯が折れているかは分かりにくい!

歯は毎日過酷な状況に晒されています

冷たいものから熱いもの、酸性アルカリ性、また咬合力(噛む力)・・・

咬合力は寝ている時などは起きている時の6倍以上だと言われています

そんな過酷な状況ですから、耐え切れずに折れたりヒビが入ってしまうこともあります


ただし、折れているかどうかというのは僕たち歯科医師からしても非常に分かりにくいのです

レントゲンで見ても、折れて時間が経ったものだと周りの骨の溶け方で「折れているかも・・・」と判断するくらい。。。

折れて完全に分離していればレントゲンでも分かりますが、そうでないものは判別できません

ちなみに当院にもCTがありますが、CTでも判別は困難です


症状としても浮いた感じだったり、噛んだ時の痛みだったり、違和感だったり・・・

特徴的な症状というものはありません

(神経が生きている歯であれば「噛んだ時にしみる」ということもあります
これは、噛むことによってヒビが広がって神経に刺激が伝わるからです)

HB12963_150918144825(調整後).jpgのサムネイル画像
これは神経が残っていて折れていた歯です
症状は上に書いたようなものでしたが、これは見てすぐに分かりますね


歯が折れているというのは「目で見て確認する」という手段に頼らざるを得ないのが現状です

その際詰め物や被せもの、土台はとらなければ内部は見えませんし、根の先の破折であれば目で見ることもも困難です


そして歯の上部だけの破折でなければ、治療方法が「抜歯」しかないのも現状です

一旦抜いて接着剤でくっつけるという治療もありますが、長く使えるものではないと思います(私見です)


傾向として「神経をとった歯に起きやすい」ということはあります

神経をとるとどうしても内部を削って歯が薄くなってしまうため、強度が下がるからです

(神経の生きている歯でも折れることはあります)

ただし、やみくもに神経を残せばいいというものでもなく、ダメになってしまった神経はとらなければ

治療が難しくなり、逆にその歯の寿命が縮むことになります

なのでこのブログで繰り返しているように、虫歯は小さいうちに治療することで予防しましょう!


ということで、歯が折れるということは判別しにくいうえに一転して抜歯せざるを得なくなるという、

歯科医師を最も悩ませる状態のひとつです

破折が発覚すると僕たちもとても落ち込んでしまうくらいです

 すぐに折れているか判断できる器材が開発されるのを祈るばかりです・・・


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!



 

怖い歯科用金属の腐食!

最近、親戚の葬儀でとても衝撃的bearingannoyな事が・・・!
親しい身内なので、火葬場まで行ったのですが・・・

火葬場で骨になった叔父を見て・・・アレッsign02と思うことが・・・
左側の顎骨と周囲の骨が・・・
紫色に変色してるのをみてビックリwobbly
職員さんに、その事を訪ねてみると 
「歯の治療の影響です!」とあっさり言われ・・・
二度ビックリannoy!!

おそらく歯の治療に使われてた
金属のイオンの色と思われますが・・・
それにしても、骨の色が変わるほどの影響bombがあるとは・・・
少し恐ろしくなりましたcoldsweats01

父の時には、僕が手術したチタン製のインプラントが が入ってて・・・
火葬場では、骨と一緒に 残ってたので・・・天国で不自由しないようshineに骨壺aquariusに・・・!
でもこの時は、骨の変色などは全くありませんでした。

実は、父の治療は全て僕がやりましたから・・・・
使用した金属は、全て貴金属インプラント のようなチタンだけで・・・
卑金属は、全く使ってませんでした。

歯科で使う金属としては、チタンや金、プラチナなどは腐食し難いgoodのですが・・・
一般的に使う金属は、腐食するdownため・・・
時間と共に、
金属イオンが歯や骨に入って・・・焼いた時、骨が紫色coldsweats02なるようです。

そろそろ日本も他の歯科先進国並みに、金属の使用を禁止dangerする時期では・・・sign02

この事が体にどんな影響を与えるのかは、まだ分かってませんがthink・・・
自分で気が付かない間に、不定愁訴として体に影響annoyが出てる可能性は否めません。


金属イオンの体への影響は、イオンの蓄積によるものなので・・・
・・・放射線同様、一定量に至るまで症状は現れません!
人によっては、微量でも
金属アレルギーを起こす人もいますが・・・!

金属の腐食でイオンが出てる間は、体内にどんどん蓄積upwardrightしていくわけでsweat01・・・
口の中に大量の卑金属があるのは・・・放射線源の近くにbombいるようなもので・・・
あまり気持ちがいいものではありませんcoldsweats02!!

現在は、セラミックやジルコニアといった腐食とは無縁の材料shineもありますから・・・
保険は利きませんが・・・少しでも卑金属の量を減らすdownwardrightのが良策ですhappy01!!

                                                                                                 院長



              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


(山下ブログ)歯と歯の間の虫歯に注意!!

大人の歯の場合、磨けている場所は石灰化が進んでいるので通常虫歯はできにくくなっています

そのため、虫歯ができやすい場所は上の奥歯の奥側や歯と歯の間など磨きにくい場所が多いです

磨きにくいと汚れがたまる時間が長くなり、どうしても虫歯になってしまいやすいのです


前回のブログで歯と歯の間に虫歯ができてかけた例をお見せしましたが、あのように気付いた時には・・・

ということが多くなります

 
僕たち歯科医師も歯と歯の間の虫歯は見つけるのが難しいのですが、早期に発見することで

小さく削って詰めることができます

 HB13018_151021172723(調整後).jpgのサムネイル画像

例えば前回の症例の術前の状態ですが、通常の銀歯で詰めようとすると・・・

 HB13018_151021172723インレー(調整後).jpgのサムネイル画像

 赤線のような詰め物になるために虫歯ではない部分まで削る必要がでてきます

しかしプラスチックで詰めればあまり健康な部分を削らず下のように詰めることができます

 HB13018_151021180426(調整後).jpgのサムネイル画像

ただしプラスチックで治療できる虫歯の大きさには限りがありますし、

状態によっては型を取る詰め物にせざるを得ない場合や、

神経を取って被せものにせざるを得ない場合もあります

何にせよ虫歯にならないことが大事です!

予防法としてはフロス(糸ようじ)を通すことが挙げられます

なかなか歯と歯の間には歯ブラシも届かないので、フロスはとても大事です

歯磨き、フロス共に完璧にするのは難しいので、

定期検診で磨けていない部位の確認、指導を受けて虫歯にならないようにしましょう!


博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!




  

1

« 2015年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

このページのトップへ