月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2015年2月

深江歯科クリニックBLOG 2015年2月

ロボット手術室の時代に!

国産のジェット機MRJが、いよいよ5月に試験飛行airplaneをするようで・・・
その上、国産ステルス戦闘機の試作機も飛行まで、あと一歩の状況!
そしてロケットも、次世代ロケット開発が進みdash

いずれも三菱重工が中心になって、未来の基幹産業を模索してますが・・・
忘れてはならないのが、医療とロボット分野sign03

どちらも十分に日本の基幹産業になる見込みがある分野です。
すでに日本は、ips細胞で心筋、網膜、皮膚などで臨床利用を実現shineし・・・

重粒子線による癌治療では、世界のトップを独走runしています。
世界中の重粒子線治療施設flairの半分が、日本に・・・!
九州では鳥栖に、九州国際重粒子線がん治療センターがありますよーconfident

そしてロボットも、日本が得意の分野shineです。
最近では、医療、介護へのロボット導入が進み・・・
介護用ロボットスーツでは日本の中小企業が頑張っています。

ただ手術用ロボットは、アメリカ製のダビィンチ(約3億円)の独壇場で・・・
現在世界で約3300台が導入されていて、日本は200台、アメリカは2200sign01
圧倒的にアメリカが、先をrun行っています。
ただ、いたる所に日本製の部品flairが使われてるようですね!

日本も政府主導で、大学、日立、東芝、パナソニックがロボット手術室を開発中up
MRIを見ながら、ロボットアームで精密なオペをする時代が直ぐそこまで・・・
10年後には実現するそうですdelicious

そして地元九州大学も、内視鏡支援ロボットを製作中です。
おそらく20年後には、色んな種類のロボットが手術を支援しdash・・・
今よりずっと精度の高いup手術ができてると思います。

歯科分野でも、3Dプリンターで被せ物を作り始めていたり・・・
当院でも小さな虫歯は、レーザーで治療をしたり・・・
20年後には、歯科でも治療用ロボットが活躍してるかもしれませんhappy01sign01




               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


天然歯のリアルな外観は嫌われる!

俳優の石田純一さんが、かつら着用をカミングアウトannoyしたそうすが・・・
どういう心境の変化なんでしょうねーsign02

人間は、周囲に隠してる事が一つや二つsweat01は有るものですが・・・
彼の場合は立場上、かなりの勇気がdash必要だったんでしょうねー!

カミングアウトして堂々とかつらを使うshineのも、スッキリupしていいかも・・・
自分だけじゃなく周りも気を遣わなくて済みますしねsign01

かつらを歯科で例えれば、入れ歯という事になるんででしょうか?!
入れ歯の場合も、人には知られたくないshadowという患者様が多く・・・
家族にも知られたくないという人もいます。

でも知られたくないのに、どうして?という矛盾sweat01が一つ・・・
今や入れ歯製作は、いくらでもリアルに年齢相応の歯flairに出来るのですが・・・
意外にも、ほとんどの人は、それを望みませんwobbly
「実年齢より、若い綺麗な歯にして欲しいsign01」と望む人が多いんです。

そこは、かつらと同様の心理で・・・誰も現実の年齢を望まないようですconfident
人間、少しでも若く見られたいshineのが人情ですねーdelicious

僕の専門は、インプラント 水平埋伏智歯と思われがちですが・・・
実は、義歯(入れ歯)も得意分野なんです。

義歯には、どうしても天然歯に敵わない欠点があります。
一つ目違和感・・・大きいので、慣れるまでは我慢が必要です。
二つ目噛む力・・・どんなに良い入れ歯でも天然歯の20%の咬合力です。
             でも、もの凄く硬い物以外はそれで十分噛めます。
三つ目味の変化・・・入れ歯を入れると、味覚が鈍感になります。
              特に塩分が・・・入れ歯の人に高血圧が多い所以です。

こういう欠点が嫌だという人は、インプラント をするしかありません。
今のインプラント は、天然歯と同様に使えるので、新しい歯と思ってかまいませんsign01
でも一番良いのは、自分の歯を一生使い続ける事ですねーhappy01



               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


難しい抜歯ほどCTが必要に!

「念願の親知らずを抜歯できて、嬉しいhappy01!」と明るい声で・・・
ある患者様がニコニコnotesしながら帰っていきました。

初診で来た時は、かなり悩んでてdespair・・・
どの医院でも断られ、大学でも抜いてもらえずdown・・・最後の砦と思って・・・
紹介されて、深江歯科へ来たそうです!

レントゲンを見た時は・・・ただただ唖然sweat01sign01
とんでもない場所に、とんでもない方向で、とんでもない深さに埋伏してて・・・
さすがの僕も、あまり診たことがない親知らずでしたcoldsweats01

しかし患者様は長年悩んでいて、抜歯したいdashという意思が強かったので・・・
リスク説明をした上で、抜くことにsign01

歯は、構造上抜けるようにできています!
ですから、どんな歯でも抜けない歯は存在しませんが・・・
問題は、抜歯の難易度と自分の技術を天秤に掛けてみて・・・
患者様のリスクがどの程度かを、冷静な目eyeで判断することsign01

この患者様の場合、レントゲンだけから判断すると・・・
長い間、どこへ行っても断られただけあって・・・
歯科医の99%は尻込みするような、リスクbombの高い親知らずでした。

しかし最近ではCTを撮ることで、リスクを大きく減らすdownwardrightことが・・・
CT画像で情報量が格段に増えupwardright・・・
周辺組織を傷つけず、安心して素早くshine手術ができます。

今回もCTを分析して、自分の技術と天秤libraに掛けてみました。
確かに難しいsweat01抜歯ですが・・・技術を考慮するとリスクは少ないと判断!

おそらく30~40分で終わると診断flairして・・・
万が一のため、余裕を持って1時間枠で予約を取りました。

そして後日、予定通り抜歯が終わり、1週間後に抜糸で再来院・・・
思ったより腫れず、嬉しそうにhappy01
「相談にのってくれた歯医者さんにも、報告しましたsign01
と言いながら帰っていきました。



               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


知識だけの歯科医は危険!

ここ数年の間に、環境、政治、経済、あらゆる分野で世界中が激変dashsign01
日本だけが影響を受けないthinkでいるのは、不可能な状況に・・・
どうやら、会社や個人も同様のようです。

昭和は、情報伝達に時間が掛る時代telephoneでしたから・・・
望まなければ、それほど影響を受けずに生活でき・・・
反対に望めば、情報が大きな武器sagittariusになりました。

いち早く外国から情報flairを入れ、それを基に商売をする人も多くいました。

僕の父も、そんな商売人の1人で・・・
情報不足の外国企業どうしを繋げてsign05商売をしていました。
今では、ネットで数分pcの情報も、当時は現地でしかairplane得られない時代で・・・

歯科医療も、同じでしたね!
僕が歯科医になった昭和50年代には・・・
海外へ行ってairplane最新の技術を学ぶflairのは本当に大変でした・・・が・・
いちど身に着けた最先端技術は、長期間shine使えました。

ところがネット社会が出現した20年前から・・・歯科も変わり始め・・・
今は、新しい情報がボタン一つでpc手に入り・・・
次々に、新しい材料や技術を知る事ができます。

我々歯科医にとっては、実に過酷annoyな時代の到来ですsign01
昔は、蓄えた知識や技術で何年も歯科医として生きていけましたが・・・
そんな時代は終わり・・・日々勉強、進化しないと一流と言えない時代sweat01

医師側は大変ですが、患者様にとっては、とても良い時代sign01
一方で、知識だけの歯科医がup急増・・・
これが、本当に大問題sweat01

中には豊富な知識に過信し、挑戦しては失敗するannoy歯科医が・・・
技術が伴わない歯科医は本当に危険bombですsign01
今は、そんな歯科医の治療をやり直す毎日が続いていますcoldsweats01!!

でも当院の若手3人は立派に技術も磨いて育っていますよーhappy01


 

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


1

« 2015年1月 | メインページ | アーカイブ | 2015年3月 »

このページのトップへ