月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2013年2月

深江歯科クリニックBLOG 2013年2月

授乳中、妊娠時の抗生剤投与・・・リスクは?!

妊娠中や授乳中に、やむをえずthink抜歯をしなければいけない事がありますsign01

通常、抜歯の際には、抗生剤dashを投与するんですが・・・
妊婦さんや授乳中のお母さんへの、抗生剤投与は・・・実際には悩みますthink

現在、胎児や乳児には、まず影響がないだろうgoodと言われてる抗生剤はいくつかあるんですが・・・
患者様の立場に立つと・・・「できれば飲みたくない!」という気持ちもよく分かります。

しかし、抜歯をするような歯は・・・殆どが、感染歯で・・・
抗生剤なしでは・・・抜くと熱が出たり、痛みを伴ったりする事が多いshockのも事実で・・・
医者としては、悩むcoldsweats02ところです。

授乳中の抗生剤の乳汁移行onは、薬剤によってさまざまで・・・
殆どゼロの薬剤から、気を付けた方がよい薬剤まで・・・
しかし胎児への影響となると・・・あまりはっきりしたデーターは見当たりませんdown

ただ妊娠中、どうしても飲む必要性があるときは・・・
現在のところ、ペニシリン系、セファロスポリン系、エリスロマイシン系などが安全shineとされています。
しかし、これらの抗生剤も、胎盤を通過leftrightすることは確認されていて・・・
影響がゼロとは断言sweat01できませんsign02

ただし、抜歯の場合には、飲む量が3日前後と短期間ですから上記の抗生剤ならconfident・・・
ほぼ影響はないと言っていいのではないでしょうかconfident?!

1960~70年代に、大量に使われたテトラサイクリンという抗生剤は・・・
歯を変色させる副作用がありますが・・・これが分かったのも、かなり後sweat01になってからで・・・
「副作用のない薬物は無いsign01」わけですから・・・
・・・必ず、産婦人科の先生に相談して飲むようにしましょうhappy01!!


             <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!  


インプラント難民が急増中!

最近、他院で治療したインプラント のトラブルを抱えて、来院する患者様がupwardright・・・

先生と喧嘩angryした人!
途中から、先生に不信感gawkを持った人!
終りと言われた後も調子が悪い人sad
手術を失敗shockした人!

そして、今日の患者様は・・・インプラント をやった病院が無くなったcoldsweats02人!でした。

医者としては、こんな患者様を、何とか助けたいdashと思うのですが・・・
そこに立ちはだかる、大きな問題sweat01があります。
それは・・・インプラント の種類が多いannoy事!!

世界中で100種類以上bearingインプラント が製造されてて・・・
日本でよく使われるものだけでも、20~30種類ありますsign01
問題は、その全てのインプラント で、規格が違うsweat01事!!

どのインプラント も、各社独自の企画で作ってるため・・・
何かトラブルがあっても、そのメーカーの器具じゃないと使えませんcryingdown

メーカーの中には、器具を貸し出してくれる親切な会社shineもありますが・・・
殆どの器具は、自己負担で・・・
・・・その器具、材料が・・・高いdollarんです。

結局、最良の方法は・・・
同じタイプのインプラント をやってる歯科医院を探すeyeか・・・
・・・メーカーから器具を借りてくれる先生を捜すしかありませんsign03

僕も、何度か交渉した事がありますが・・・
気持ちよく貸し出してくれるメーカーは、まずありませんcrying
貸してくれたとしても、自社製品をセールスされたりcoldsweats02、製品講習会に誘われたりcoldsweats01・・・

みなさんも、インプラント をする時には・・・よ~く調べてから、やってもらって下さいねhappy01sign01


             <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


抜歯後の注意は守りましょう!

ね先週、僕が親知らず抜歯した女医のH先生virgoですが・・・
今週、傷口を縫ってた糸を取りに、来院しましたsign01

抜歯直後は、かなり腫れたdespairようですが・・・今は腫れも引いdeliciousて、元の美人shineに戻ってました。
抜糸をした後、「今日から、飲んでいいよーconfident!」と言うと・・・
「もう飲んでまーすbleahnotes!」という応えが・・・

H先生は大のビールbeer好きで、「細い体のどこに、そんなに入るのcoldsweats01?」というくらいの酒豪!
僕が、アルコール解禁を言う前に・・・自分で解禁しちゃいましたcoldsweats02
みなさんは、真似しないでdownくださいねーbomb

患者様のなかには、「アルコール消毒だよーsmile!!」なんて言いながら抜歯直後から飲んで・・・
・・・結果、感染症を起こしannoy、苦しむ人cryingも・・・自業自得ではありますが、代償が大きいsign03
完全に治るまで、4~5倍の時間と苦痛がshock・・・
お酒も1週間どころか・・・1ヶ月は、飲めなくなります!

昔は、「4~5日、お酒は飲めませんよー!」と言うと・・・
・・・「エーhappy02!!!」と言うのは、99%男性でしたが・・・今は、40%が女性virgo

タバコsmokingも、「抜歯した日は吸わないでnosmoking!」と注意します。
昔は、男性にだけ注意してましたが、今は女性にも・・・!
昔は、女性にそんな事を言うのは失礼でしたが・・・時代が変わりましたcoldsweats01

抜歯後は、どこの歯医者でも注意点を教えてくれますので・・・
後で苦しまないために、よ~く守ってくださいねhappy01sign03




             <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ! 


女医さんの親知らずを抜歯!

今日は、懐かしいnotes患者様が、来院・・・!
5年前に出産のため、退職した女医のH先生が・・・親知らずの抜歯shockで・・・
いくら歯医者でも、自分じゃーsweat01・・・抜けませんsign02

子供を2人出産後・・・どう言う訳だか歯の矯正を始めたらしく・・・
矯正の邪魔になる親知らずを、抜いて欲しいcoldsweats01という事でした。

下顎完全水平埋伏智歯!・・・レントゲンを撮ると・・・なんと神経がピッタリbomb張り付いていますcoldsweats02
どこの歯科医院ででもは・・・抜けませんsweat01!時間も掛ります!!
それが分かってるから、僕を頼ってくれたんだと思いますが・・・

そこで、彼女は歯医者ではありますが・・・一応・・・カウンセリングと検査をflair

レントゲンで診て、神経に近いupdown親知らずでも、CT撮影をすると離れてるleftright事があるので・・・
念のためgoodCTを撮ると・・・なんと、横に倒れた歯に、神経がピッタリ貼りついてて・・・coldsweats01sign03

こういう場合、抜いた親知らずと同側の唇と顎に、感覚麻痺が起こる事despairがあります。
・・・もちろん、小さな確率ではありますが・・・
その麻痺は1~2年で、小さくなってdownwardright治っていきますが・・・
なかには、唇の一部に感覚麻痺が残るbearing場合があるんです。

彼女は、歯医者ですから・・・そんな事は、百も承知flairの上での来院で・・・think

始める前に、「どうする?抜くかthink?」と尋ねたら、きっぱり「お願いしますdelicious。」と・・・
相変わらず、度胸がいいdashgood!!男前の女医ですsign01

そうと決まれば、患者様への負担をdownできるだけ減らすように、ベストを尽くすだけsign01
最も短時間で、最も小さな傷で、最も正確に・・・
それが、僕を信じて来てくれた患者様への医師の責務dash

彼女の抜歯は、20分程で終了!
短時間で終了しましたが、少し骨を取ったので「きっと腫れるぞwinksweat01!」と言って帰しましたが・・・
翌日、痛みは無いようですが・・・案の定、腫れてましたcoldsweats02
可哀想にdespair・・・美人が台無しvirgodownです。

でも、「先生に抜いてもらって良かったdelicious。」と言ってくれたので・・・救われましたcoldsweats01
感覚麻痺も無く、ホッとしましたhappy01sign01



             <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!  


1

« 2013年1月 | メインページ | アーカイブ | 2013年3月 »

このページのトップへ