月別 アーカイブ

HOME > 深江歯科クリニックBLOG > アーカイブ > 2009年4月 > 3ページ目

深江歯科クリニックBLOG 2009年4月 3ページ目

博多駅から徒歩3分の深江歯科よりお知らせ!

鼾(いびき)に、悩まされてる人は多いのでは?

自分の鼾もさる事ながら・・・連れ合いの鼾がという人・・けっこう多いんじゃないですか?

殆どは、「夫の鼾が煩くて」だと思いますが・・・中には、妻が・・という人も!

煩くて、寝室は別々という人も多いのでは・・・

その方が気楽でいいと言う人もいますが・・・なんだか、ちょっと寂しい!

そこでマウスピースの出番です。

実は、僕も使ってるんですが、鼾は三分の一ぐらいになるそうです。

最初は、違和感がありますが、すぐに慣れます。

鼾だけではなく、無呼吸もある人は、内科医の診断書があれば、

保険で作れます・・・1万円以内

診断書がなければ、自費になりますが・・3~5万円ぐらいでしょう!

勿論、自費ですから、歯科医院によって違いますが・・・

奥さんに、安眠をプレゼントしてみたらどうでしょう!

 

         <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント、歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、入れ歯など相談してください。


博多駅から徒歩3分の深江歯科よりお知らせ!

皆さんは、スプリントって聞いたことありますか?

もともと、顎関節症の治療に使う、マウスピースのような物で・・・

軽い顎関節症なら、このスプリント療法で治療できます。

一般的には、寝る時だけ顎の関節も筋肉も、リラックスさせるために使用し・・・

少しでも、過剰なストレスが顎の周囲に掛からない様にします。

顎を安静に保つ道具と、思ってください。

でも、スプリントの効用は、それだけでは・・・

使用することで、歯ぎしりから、歯を守り・・・歯周病にも成り難くなります。

「自分は、歯ぎしりはしないから・・」、そう思ってませんか?

現代人は、ほぼ90%以上の人がしてますよー。

ただ、音がしないだけ!・・・皆さんも例外では、ありません。

 

この様なマウスピースも、今では使う目的によって、色々の種類が・・・

スポーツ用

いびき防止用

無呼吸症候群治療用

明日は、これらのマウスピースの話しをしましょう!

 

         <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント、歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、入れ歯など相談してください。

 

 


博多駅から徒歩3分の深江歯科よりお知らせ!

最近は、皆さんの歯磨きも上手になり・・・

昔みたいに、歯磨きが悪くて、歯周病に・・という人は、少なくなりました。

でも、歯周病自体は、そんなに減っていません。

つまり、別の原因があるということです。

最近、目に付く原因の一つは、咬み合せ・・・

・・もともと前後左右のバランスが悪い人もいますが・・・

深刻なのは、歯科医院で詰めたり、被せたりして・・・それが原因で・・

でも、この場合は、ちょっとした調節で治ることも多い!

大きな、生まれつきの不調和があると、面倒・・・治療も大きくなります。

 

糖尿などの持病がある人・・・抵抗力がなく歯周病は、進行しやすい!

そのほか、全身疾患があり、薬を毎日、飲んでる人。

薬によっては、影響を受けます。

どんな病気でも、抵抗力が落ちると・・・

・・歯周病の進行速度は、極端に速くなります。

抵抗力を、高めましょう!

規則正しい生活!と腹八分目!が基本ですよーみなさん!

 

         <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

一般歯科、口腔外科

インプラント、歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、入れ歯など相談してください。

 


<<前のページへ123

« 2009年3月 | メインページ | アーカイブ | 2009年5月 »

このページのトップへ